cyta.jp

[jp]正式オープンしたプライベートコーチを探せるcyta.jpの思想は顧客主義

次の記事

Pandora、シリコンバレーから初のウォール街「1文字クラブ」入り

およそ3年の水面下での運営を経て、今日正式にオープンしたCyta.jpはプライベートコーチを見つけるサイトだという。ユーザーは自分の習いたい習い事(語学でも楽器でもなんでもいい)の先生をCyta.jp上で見つけてコンタクトする。なんだかこれだけ聞くと、いかにもありがちなサイトのようにも思える。たしかにC2Cで、先生と生徒をマッチングさせるサイトはほかにもきっといくつか存在するだろう。EtsyAirBnBの講師版だと思えば想像しやすい。

ただ、僕はCyta.jpを運営するコーチユナイテッド代表取締役の有安伸宏氏と話していて、そのサービスのモデルがいい意味で想像とは違うことに気がついた。彼は徹底的にユーザーの満足度をあげることを考えている。

一般にC2Cのマッチングのビジネスを考えると、たいていは、提供者(Cyta.jpの場合は講師だし、AirBnBなら宿主、オークションなら販売者)が登録料なりマッチングの成果としてその代金の何パーセントかを払うことになる。だから、プラットフォームとなるサービス運営者は提供者がたくさんいてくれたほうがいいことになり、その質は購買者(提供者から財を受ける側)が財を受けたあとに評価することになる。

だが、これだと提供者の質は担保されなくなる。もちろん、購買者の評価によって自浄作用は働くけれど、それは一定のボリュームが出たときに限られる。

Cyta.jpはこれとは違って、Cyta.jpの9名の採用面接部隊によって、登録を願い出る講師たちを面接することで採用している。現在いる1,000人以上の講師たちはすべてCyta.jpの面接で選ばれた人たちだという。

いまは月に1,500人程度の講師への応募があるというが、そのすべてを書類選考と地方に赴くことを含めて面接で決定しているのだという。「誰でも先生になれるサイトで学びたいとは思わない」というのが有安氏の言葉だ。面接の際に決定するのも先生の持っているスキルも大事だが、コミュニケーション能力を大切にするという。なぜなら、初めて学ぶ人にとって、何がわからないのかすら質問できないこともあるので、スキル以上にコミュニケーションのほうが大事なケースがあるからだ。

Cyta.jpはビジネスもユニークだ。

Cyta.jpは生徒が講師に支払う料金の数パーセントから数十パーセントを受けとるのだが、講師の料金は講師自身には決めさせない。Cyta.jpがレッスンに見合った料金を設定するのだという。これは教える内容の平均的なレッスン料に地域性を加味して決定している。

そして、マッチングが成立した以降、生徒がレッスンを受けるたびに「時給」を支払うスタイルをとっている。これは講師がリピーターを増やす努力をするように仕向けられている。リピート回数(リテンション)があがれば、より講師側にお金が入ってくるということだ。コーチと生徒をマッチングして終わりということではなく、より継続してレッスンを受けてもらえるように生徒と先生とをつなぐコミュニケーションのプラットフォームもCyta.jpでは用意しているという。また、生徒が増えれば時給も上がるようにしている。

つまりはすべてはユーザーとなる生徒側の満足度があがるような仕組みが最初から設定されているわけだ。

もちろん、こういったことは普通のビジネスでは普通なことなのかもしれないし、同じような努力をしている似たようなサービスはあるのかもしれない。ただ、とかくインターネットの世界では技術者の考える効率的なオペレーションの世界を描くことに陥るときがある。そういう意味ではコーチユナイテッドはほぼ技術者が占めているという割に、非効率ながらも顧客志向なサービスを描いているところに面白さを感じたよ。

Cyta.jpはステルスモードで運営していたこの3年で黒字化しているという話だったが、正式オープンでこれがどこまでスケールするのかは注目したい。

“[jp]正式オープンしたプライベートコーチを探せるcyta.jpの思想は顧客主義” への2件のフィードバック

  1. Koichi Sato より:

    C2Cのマッチングサイト流行ってますねー。Fiverrもそうだけど、需給の流動性が高まってお互いハッピーになれるところが事業として楽しそう。

  2. Koichi Sato より:

    C2Cのマッチングサイト流行ってますねー。Fiverrもそうだけど、需給の流動性が高まってお互いハッピーになれるところが事業として楽しそう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中