Facebookアプリでも歌えるようになったRed Karaoke–ソーシャルゲームのブームに乗りそう

次の記事

世界各国でモバイルビデオの人気上位作品は何?–Vuclipのデータに見る

Red Karaoke

Red Karaokeが登場して、もう4年になる。スペインの二人の兄弟Miguel Angel/Richard Díez Ferreiraが初めてオープンしたオンラインのカラオケだ。彼らはでかいことをやったとは夢にも思わなかっただろうが、しかしそれは急成長して、スペイン語圏だけでなく、英語や日本語圏にも広まった。今では200万の月間ユニークビジターと150万のレコーディング数を抱えるRed Karaokeが、今日(米国時間6/17)、Facebookアプリをリリースして、もともとソーシャルな営みであるカラオケを、なお一層ソーシャルにしようとしている。

このサービスは現在、スペイン語と英語と日本語の各バージョンがあり、このジャンルではほとんどここだけが伸びている(MySpaceはカラオケサービスを閉鎖したしね)。主な競争相手であるThe Karaoke Channelの持ち曲は8000だが、Red Karaokeは50000曲を、音質の良いMP3で持っている。2008年に同社は、ベンチャーキャピタルClave Mayorから200万ユーロを調達して、チームの増員と製品開発に拍車をかけた。とはいえ、Webはサイトの改装の効果が大きい。カラオケバーなんか、とくにそうだろう。

Red Karaoke
そこで今度のFacebookアプリだが、Red Karaokeのねらいは、Facebookでは初めての、歌うことの重視と、マルチプラットホーム化の拡大だ。今はWebとLGのスマートTV、iOSで利用できるが、もうすぐそのほかのモバイルとタブレットにも対応する。しかしいずれにせよアプリケーションはクラウドで動いているわけだから、ユーザはWebバージョンで作った自分のレコーディングをFacebookアプリの中で再生したり、あるいはその逆もできる。FacebookアプリではWebカメラを使ったレコーディングができ、そのために同社のVirtua Singサービスを使う。3Dのアバターをデザインして、ユーザの歌声に合わせ、仮想ステージで踊らせてもいい。カラオケだからもちろん、ユーザがピッチやエフェクト(音響効果)を変えたりもできる。

Red Karaokeの収益化モデルは、フリーミアムだ。無料バージョンでは一人のユーザが20曲歌える。月額または年額の会費を払うと、その制限はない。「24時間VIP待遇」になると、この仮想カラオケバーでイベントやパーティーを開くこともできる。

Facebookアプリは、カラオケにとって賢明な展開だ。カラオケというすでにとってもソーシャルな現象が、今後、ソーシャルゲームの大ブームに乗っかることもできるだろう。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“Facebookアプリでも歌えるようになったRed Karaoke–ソーシャルゲームのブームに乗りそう” への5件のフィードバック

  1. Hiroshi Terada より:

    プラットフォームをどう利用し、その上に新たなプラットフォームを築く戦略が大切だと改めて思いました。

  2. Satoshi Nakai より:

    以前、YouTubeがGoogleに買収されたとき、アメリカのニュースサイトのコメントで「なんで日本のほうがブロードバンドが発達してるのにYouTubeみたいなサービスが日本から生まれなかったのか」というのがあったけどそれを思い出した。これって日本人が最も詳しいサービスのソーシャル版なわけだけど、日本は良くも悪くも”きっちり”している国だから、もしこのサービスが日本から始まっていたら権利関係者ともめて海外版どころじゃないって話になっていたのかもしれない。でも日本発であってもいいよなぁ。このサービス。日本から始めていなければ日本発で世界のディフェクト取れるウェブサービスって山ほどあったりして(笑)

  3. Teradaさん、Nakaiさん、コメントありがとうございました。
    今からの時代、オンラインサービスはクロスプラットフォーム対応であるべきだと私たちは考えています。どのデバイスからでもアクセスでき、好きな場所で好きなときに自由に使えるというのがこれからのオンラインサービスの目指すべき形だと思います。カラオケは日本発ですが、今や世界的娯楽として世界中の人に認知され親しまれています。起源は日本だとしても、アイディアというのは世界中に溢れていて、誰が率先してアイディアを進化させていくかという時代だと思います。日本はまだまだ形にこだわり、個人としてのアイディアが形になるまでに時間がかかってしまうのが現状ですよね。でも、日本も少しずつではありますが、変わりつつあると思います。いいサービスや大きな事業は大企業じゃなくても成し得ます。起業家が日本でも着実に増えてきているのは目に見えますし、英語が使える人も増え、海外の情報をいち早く得たり、世界中のユニークで自由なアイディアからも学ぶことが多くなってきたと感じます。是非お二方も広く世界と関わり学ぶ中で日本をリードしていって下さいね!応援しています ^_^あ、Red Karaokeもどうぞお楽しみ下さい♪♪

  4. Teradaさん、Nakaiさん、コメントありがとうございました。
    今からの時代、オンラインサービスはクロスプラットフォーム対応であるべきだと私たちは考えています。どのデバイスからでもアクセスでき、好きな場所で好きなときに自由に使えるというのがこれからのオンラインサービスの目指すべき形だと思います。カラオケは日本発ですが、今や世界的娯楽として世界中の人に認知され親しまれています。起源は日本だとしても、アイディアというのは世界中に溢れていて、誰が率先してアイディアを進化させていくかという時代だと思います。日本はまだまだ形にこだわり、個人としてのアイディアが形になるまでに時間がかかってしまうのが現状ですよね。でも、日本も少しずつではありますが、変わりつつあると思います。いいサービスや大きな事業は大企業じゃなくても成し得ます。起業家が日本でも着実に増えてきているのは目に見えますし、英語が使える人も増え、海外の情報をいち早く得たり、世界中のユニークで自由なアイディアからも学ぶことが多くなってきたと感じます。是非お二方も広く世界と関わり学ぶ中で日本をリードしていって下さいね!応援しています ^_^あ、Red Karaokeもどうぞお楽しみ下さい♪♪

  5. Teradaさん、Nakaiさん、コメントありがとうございました。
    今からの時代、オンラインサービスはクロスプラットフォーム対応であるべきだと私たちは考えています。どのデバイスからでもアクセスでき、好きな場所で好きなときに自由に使えるというのがこれからのオンラインサービスの目指すべき形だと思います。カラオケは日本発ですが、今や世界的娯楽として世界中の人に認知され親しまれています。起源は日本だとしても、アイディアというのは世界中に溢れていて、誰が率先してアイディアを進化させていくかという時代だと思います。日本はまだまだ形にこだわり、個人としてのアイディアが形になるまでに時間がかかってしまうのが現状ですよね。でも、日本も少しずつではありますが、変わりつつあると思います。いいサービスや大きな事業は大企業じゃなくても成し得ます。起業家が日本でも着実に増えてきているのは目に見えますし、英語が使える人も増え、海外の情報をいち早く得たり、世界中のユニークで自由なアイディアからも学ぶことが多くなってきたと感じます。是非お二方も広く世界と関わり学ぶ中で日本をリードしていって下さいね!応援しています ^_^あ、Red Karaokeもどうぞお楽しみ下さい♪♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中