K9 Ventures
Greylock
Ben Horowitz
Andreessen Horowitz

焦点は撮ったあとに(好きな位置に)合わせる–写真の概念をラジカルに変えるLytroのCEOにインタビュー

次の記事

7年がかかりの争いについにピリオド―ウィンクルヴォス兄弟、Facebookへの訴訟を取り下げ

写真は好きだけど、iPhoneの写真共有アプリの雨後の筍ぶりにはうんざりしてる? そんなあなたも、Lytroは無視できないわね。最近のシリコンバレーは、かっこばかりで、イノベーションのイの字もないなぁ、と思っているあなたも、きっと満足するはず。今のバレーはメディアとマーケティングだけで、本物の、ガツン!と来る技術がない、と不平を言ってた人もね。 同じく、バレーの現状に飽き飽きしてた偏屈者の投資家Ben Horowitzは、ラップの歌詞を真似してこう言ったわ: “blew my brains to bits.(俺の脳みそが粉々になったぜ)”

今のカメラの原理は、最初の19世紀ごろから全然変わっていないが、Lytroが開発しているのは、初めての、まったく新しい原理に基づくカメラなのだ。それは、これまでのカメラのように、たった一枚の光界面(light plane)を捉えるのではなく、カメラの前に三次元的に存在する光界(light field)全体を、一台のカメラの一回の撮影で捉える。光界には、ある瞬間の、全方向の全光線がある〔参考記事〕。磁界や電界が存在するように、光には光界が存在するという研究と実験は、1990年代にスタンフォード大学で、一部屋に100台のカメラを置いて始められた。Lytroのイノベーションにより、光界を捉えるための大量のカメラが、ポケットに収まるほどの小さな製品になった。ということ。

Lytroでは、写真の焦点は撮影後に任意に決められるし、方向も変えられる。3D写真にもできる。ハリーポッター・ミーハーの本誌のJason Kincaid、喜びなさいよ。今度のハリポタは、きっと3Dになるわよ。Lytroはこれまで、NEAK9 VenturesGreylock PartnersAndreessen Horowitzなどから$50M(5000万ドル)を調達している。

下の、Richard Koci Hernandezが撮った写真を試してみて。クリックすると、今はぼけている前面のエルヴィスに焦点が合うわよ。

Horowitzが自分のブログに、こんなことを書いている:

“写真は瞬間を捉えるとよく言うけど、でもこれまでの写真は瞬間を捉えていない。これまでの写真は、たった一つの角度の、たった一つの焦点における、光の集合を捉えるだけだ。プロの写真家なら、そのたった一つの光の集合が、その瞬間の最良の部分を捉えているかもしれない。でもそれは、ぼくなんかにはできない。しかしRenが開発した光界カメラを使えば、その瞬間を視覚的に表しているすべての光を、捉えることができるのだ。

そうやって瞬間の全体を捉えたら、そこから、後で好きな写真を取り出せる。

つまり、自分が撮りたい!と思った写真を、あとから確実に撮ることができるのだ。古い写真哲学の持ち主にとっては、まるでタイムトラベルして過去に旅するように思えるだろう。”

もちろんこれほどの驚異的なイノベーションは、ビジネス化にリスクが伴う。そのカメラは、気軽に買えるほどのお値段にできるのか? 今CEOのRen Ngが言ってる価格は、1ドル以上1万ドル以下と幅がありすぎる。発売時期も”今年中”とあいまいだ。それに、UXは、ほんとに同社が言うほど簡単なのか?

そこで本誌はCEOでファウンダのRen NgにTechCrunchTVのスタジオに来ていただき、これらの質問をぶつけてみた。

〔関連記事。〕

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“焦点は撮ったあとに(好きな位置に)合わせる–写真の概念をラジカルに変えるLytroのCEOにインタビュー” への17件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    従来はこうした「全光情報記録」はレーザーを使ったホログラフィーでしたが、これは普通の受光素子を使ってソフトウェアで合成しているようですね。CEOの博士論文読めばいいんだろうけどなんと203pもある。 https://docs.google.com/viewer?url=http%3A%2F%2Fwww.lytro.com%2Frenng-thesis.pdf

  2. Takahiko Katoh より:

    カメラは、構図が大切とおそわった。おんなじ場所を撮影しても光の量やピントで作品がずいぶん変わる。だから、ライカとかすきなんですけど、この技術は本当にすごいなと思う。

  3. Shuns より:

    気になるのは、焦点が合ってないところはボケるというより、透過する状態になっているところ。これは簡単には受け入れられないだろうなぁ。 逆に、隠れて見えない部分まで映ってるとも言えるから表現の仕方が拡がると捉えることも出来る。

  4. 玉川俊哉 より:

    ま、確かに、レンズを通って、感光体に届く光は、レンズにフィルタされているそこにある光のすべてではないのである。

  5. Asahiya1948 より:

    写真の上手、下手はどうやって決めるのだろう!理解はなんとなく出来るが、イメージ出来ない!

  6. あみぃ より:

    このカメラ画期的すぎじゃね?w

  7. Apolloxiii より:

    ブレードランナーのあのシーンが現実になるんですね!

  8. Penguin_Boss より:

    エルビス人形を透過して後ろがみえるならスゴイと思ったけど、ただガラスに映ってるだけでした。

  9. Penguin_Boss より:

    エルビス人形を透過して後ろがみえるならスゴイと思ったけど、ただガラスに映ってるだけでした。

  10. DAIK より:

    発明イコール、発想ですね。

  11. いわさきX より:

    ピントがあってる場所が違う写真を複数枚重ねただけじゃねーの?だいたいサンプルが悪すぎるこういうのはピントが合っているとは言わない。

  12. これってコンピュテーショナルフォトグラフィーじゃないの??

  13. まるちゃん より:

    普通の人が、着眼できないところを着眼できているところが素晴らしい。
    この技術安く販売できるなら、世界中のカメラを置き換える可能性を感じる。

  14. まるちゃん より:

    普通の人が、着眼できないところを着眼できているところが素晴らしい。
    この技術安く販売できるなら、世界中のカメラを置き換える可能性を感じる。

  15. マシュー より:

    このカメラは多少高くても買う価値があると思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在380人フォロワーがいます。