macintosh
emerald sea
Apple

Google+がカッコイイ理由:それはオリジナルMacintosh開発チームのアンディー・ハーツフェルド

次の記事

Andy Rubin:Android携帯のアクティベーション数、日々500,000台に到達


先週、GoogleのVic GundotraBradley Horowitzの2人に、同社が今日公開した新ソーシャルプロジェクト、Google+を見学させてもらった時、直後の私の反応が、彼らをことのほか喜ばせた。私はこう言った。すばらしい ― 特にCirclesは ― まるでGoogle製品ではないようだ!これが彼らを笑わせ、Horowitzがこう漏らした。

「Andy Herzfeldだからね。Macのオリジナル開発メンバーだった」

なるほど!

Hertzfeldは、2005年からGoogleにて、たしかに彼がこのプロジェクトでデザインのトップにいるなら、Google+のインターフェースがよくできているのも、そのおかげだと納得できる。この人の名前を聞いたことがある人は、彼がAppleにいた時期(1979~1984)、オリジナルのMacintoshソフトウェア開発チームの中心メンバーだった頃についてだろう。

Steven Levyが、Hertzfeldのこの新しい仕事について、Google+(本誌が何ヵ月も前にコード名「Emerald Sea」として報じている)のメーキングに関する、彼の優れた詳細レポートで深く掘り下げている。Levyが近著『In The Plex』のために行った取材の一環として書かれたものだ。

カラフルなアニメーション、ドラッグ&ドロップの魔法、そして一風変わった手触りのインターフェース。CirlcesはいつものGoogleブランドアプリというよりも、第一級のAppleプログラムに見える。それも当然だ。インターフェース設計の中心人物は、伝説的ソフトウェアアーティスト、Andy hertzfeldなのだから。

Levyは、Emerald Sea(今のGoogle+)の開発において、HertzfeldはGoogle入社以来初めて、「その創造的筋肉を屈伸する」自由を与えられた。伝統的にGoogleのCEO、共同ファウダー、Larry Pageは、製品のスピードに対する強迫観念から、デザインを重視することに反対してきたが、Hertzfeldの仕事は承認した。「Appleの復活が少しは影響したのかもしれない」とHertzfeldがLevyに語った。

[画像提供:attached

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“Google+がカッコイイ理由:それはオリジナルMacintosh開発チームのアンディー・ハーツフェルド” への7件のフィードバック

  1. h g より:

    へー。面白い。Google+がやたらと洗練されてると思ったらそういうことだったのか。

  2. このClassicのブラウン管に癒される。やはり世代的に「Apple」より「Macintosh」だな。

  3. このClassicのブラウン管に癒される。やはり世代的に「Apple」より「Macintosh」だな。

  4. このClassicのブラウン管に癒される。やはり世代的に「Apple」より「Macintosh」だな。

  5. 清田 より:

    Andy Herzfeldといえば、「レボリューション・イン・ザ・バレー ―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏」の著者でもある人か。そりゃカッコイイわけだ。Google+がカッコイイ理由:それはオリジナルMacintosh開発チームのアンディー・ハーツフェルド http://htn.to/wd7Av9

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中