ZuckerbergがGoogle+のCircles機能をずばり批判

次の記事

HDBaseTチップのValensが日本の三井らから$14Mを調達–消費者製品への利用も近く可能に

Facebookは水曜日(米国時間7/6)に、とりあえずチャットの新製品を披露したが、相変わらず目の上のたんこぶなのは、ソーシャルネットワークを作ろうというGoogleの最新の試み、すなわちGoogle+だ。Mark Zuckerbergは直接の比較を避けようとして、“どのアプリケーションもソーシャルになる”、と言った。

でも彼のもう一つの発言は、Google+、とりわけそのメインの機能であるCirclesに対して、彼が感じていることを示唆するものだった。Zuckerbergは具体的にCirclesの名を挙げたわけではないが、次のように言った:

グループの定義は…そのグループの中の人たちがそこに誰がいるかを知っていることだ

この発言は、Circlesを使ってみたことのない人にとっては、当たり前と思えるかもしれない。CirclesはGoogle+のグループ機能だが、それは単純に分かりやすい機能ではないし、しかも、複数のCirclesの衝突という問題もありえる。つまりCirclesと複数形になっているのは、一人のユーザが、だれだれと何をどのように共有するかによって、複数のグループをセットアップできる、ということなのだ。

しかしCirclesはきわめて一方向的であり、しかも対称性がない。誰もが自分の複数のCircles(サークル)をセットアップするが、しかし各サークルのメンバーは、自分(やほかの人)が誰のどのサークルに属しているかを知らない。だから、「サークル」というよりそれは、そのユーザだけが知る「秘密サークル」なのだ。たぶんZuckerbergが言いたいのは、グループ内の誰もが、そのグループに…自分も含め…誰々がいるかを知っているのではなく、むしろその逆に、誰も自分がどのグループにいるのかを知らないのだから、そんなものは本当のグループではない、ということだろう。

Circlesがすごくややこしい機能なので、Ross Mayfieldが説明のために下のようなSlideshareを作った。Facebookには”対称的共有”があり、そこでは二人の人間がお互いにフレンドであることを確認でき、互いにいろんなものを非公開または公開で共有していける。Twitterには”非対称的フォロー”があり、誰かが公開でツイートし、誰もがその人がブロードキャストするものをフォローできるが、でもその人自身は、自分をフォローしている人をフォローしなくてもよい(したがって非対称)。Twitterは、一方向的だ。

そしてGoogle+にあるのは、”非対称的共有”だ。あなたは人びとと一方向的に共有できるが、’人びと’のほうではあなたと共有するとはかぎらない。それはまるで、Meet the FockersのCircle of Trust*みたいだ(下の3枚目のスライドにビデオクリップあり)が、ただし笑えないね。〔*: Circle of Trust, この映画の英語版Wikipedia記事に説明あり。〕

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))