Apple%E3%81%AE%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%88%B9%E5%9E%8B%E6%96%B0%E6%9C%AC%E7%A4%BE%E3%81%AE%E5%A3%AE%E5%A4%A7%E3%81%AA%E3%82%8B%E5%AE%8C%E6%88%90%E4%BA%88%E6%83%B3%E5%9B%B3

Appleの宇宙船型新本社の壮大なる完成予想図


本誌が6月に報じた
ように、Appleは間違いなく史上最もクールであるオフィスビルをカリフォルニア州クパチーノに建てようとしている。このビルディングがどれほど会社にとって重要か、数ヵ月前Steve Jobsが自らクパティーノ市議会に出向いて調印したことからもわかる。市は言われるがまま。あとは形式を整えるだけだ。「われわれがノーと言う理由はない」とクパチーノ市長のGilbert Wongが会議の後に語った

今日(米国時間8/14)クパチーノ市が、同プロジェクトの詳細計画を市のウェブサイトで公開した 。「Apple Campus 2」と市が呼んでいるこのプロジェクトは、国道280号線近くの175エーカー(70万平方メートル)の土地に建てられる。総建築面積は280万平方フィート(26万平方メートル)で、1000人収容のホール(Apple最大のイベント以外のすべての最適)、フィットネスセンター、30万平方フィートの研究施設、発電所、そして地下駐車場が作られる。しかし、どれも大して面白くない。本当に見るべきなのは、その〈外観〉、巨大な空飛ぶ円盤型のループだ。幸いなことにクパチーノ市が、プロジェクトの最新デザインを含むAppleの提案書類を公開してくれた。

同市によると、実際に認可されるまでには、プロジェクトの環境への影響査定や、公聴会を何度か経る必要がある。しかし、そう、これが実施されないことはあり得ない。Appleの計画では、来年着工して2015年には新しい本社が出来あがる。社員1万2000人が、巨大な1棟の中に入ることになる。

以下に完成予想図多数と、9to5 Mac経由で入手した提案書類全文を貼ってある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Hitoshi Anatomi
利便性のためなら端末盗用の防止などには構っていられない?
abology
كشف تسربات المياه بالرياض كشف تسربات المياه …
tegrak1
これから出るandroid5.0の端末が楽しみ。
saad abd
شركة تنظيف بالرياضشركة تنظيف منازل بالرياضشركة…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 132 other followers