Android最新情報:現在のところ全世界1億5000万台の端末で稼働中

次の記事

速報:Google、Motorolaを125億ドルで買収―ラリー・ペイジ、「Androidのオープン性は維持される」

androidrobotGoogleがMotorola Mobilityを125億ドルの金額で買収するという発表には全世界が驚いた。Androidエコシステムへの影響もかなり大きなものとなることだろう。Googleは膨大な特許資産を持つことになり、マイクロソフトやAppleとの戦いに十分な備えを持つことになるわけだ。また、HTCやSamsungなど、Android陣営に参加している携帯端末メーカーに対しても、これまでと全く異なる対応をとることが可能にもなる。ともかく大きな意味を持つ買収話だと言えよう。

それはともかく。この買収話を発表したGoogleのCEOであるLarry Pageのブログ記事に、Androidの現況についての最新情報が含まれていたのでご紹介しよう。記事によれば、Androidはいまや世界中の1億5000万台のデバイスで利用されているとのことだ。ほんの1ヵ月前の1億3000万台で稼働中というニュースから、さらに増えたことになる。また、1日あたりに550,000台を新たにアクティベートしているとのこと(この数字は以前にも発表されている)。比較しておくならば、Appleは先月、これまでに2億2200万台のiOSデバイスを販売したとアナウンスしている。この数値にはiPod Touch、iPad、そしてiPhoneが含まれる。

Androidの稼働台数が1ヵ月で2000万台増えたとするならば、Googleは日々650,000台のアクティベーションを行っていることになる。Googleによる以前のアナウンスよりも1日あたり10万台も多いこととなる。但し、1億3000万台で稼動しているというアナウンスにタイムラグがあったことも想定され、この数値から日々のアクティベーション数がどのくらいなのか、正確に判定することはできないだろう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中