acquisition

GoogleのMotorola買収でAndroidの改良は急加速へ

次の記事

Google、Motorolaの買収によりAndroidエクスペリエンスの「フルコース」での提供を目指す

Ball

今朝(米国時間8/15)発表されたGoogleの$12.5B(125億ドル)での Motorola Mobilityの買収によって、Googleはきわめて多くのものを得ることになる。まず2万人の社員(Google本体の社員数に匹敵する)、そして恐怖を覚えるほど巨大な24000件の特許(ちなみに、Motorolaは携帯電話そのものの特許を持っている)だ。

しかしもうひとつ、今回の買収でGoogleが得たAndroid産業全体の構図を変えるような重要な資産がある。アメリカにおける30%弱の市場シェアだ。

Android携帯のハードウェアのシェアに関する限り、Googleは何年もほとんどゼロのままだった(「Google携帯」と呼ばれるNexusシリーズにしたところでHTCとSamsung製だ)。それが突如GoogleはAndroidのハードウェア製造で2位に躍り出た。

29%というGoogorolaのシェアはトップのHTC (35%) に続き、3位のSamsung (25%)を上回る。この数字はモバイル市場調査会社のLocalyticsが今朝発表したばかりのものだ。

考えられるいくつかの影響:

  • Android OSのアップデートが早くなる! Google傘下に入ったことによって、Motorolaに対するAndroid携帯のOSアップデート実施の圧力が高まる。MotorolaのOSアップデートが早まれば、それが今度は他のメーカーへの圧力となる。Motorolaが現在のシェアを維持し、GoogleがOSアップデートのネジを巻く(そうあるべきだが)続けるなら、消費者の手に渡るAndroid携帯の30%が常に最新のOSを搭載することになる。他のメーカーもこれにならってできるだけ早く、できるだけ頻繁にOSのアップデートを図らなければならなくなるだろう。でないとアップデートの遅いメーカーとして知られることになってしまう。
  • カスタム・スキンは消える? これまでGoogleが開発に直接関わったAndroid携帯はすべて「純粋なGoogle体験」をキャッチフレーズにしていた。つまり、ストレートなAndroid OSであって、機能の追加や置き換えによってメーカーごとにカスタマイズされたものではないという意味だ。これに対して、HTCのAndroidにはSense、Sony EricssonならUXP、SamsungはTouchWizというカスタム・スキンが搭載されている。MotorolaもMotoblurというスキンを持っていた。

    しかし最近、MotorolaはMotoblurの開発を中止すると発表した。これでその理由が分かった。Googleは自社の携帯にカスタマイズが施されることを望まなかったのだ―それではまるでAndroid OSに何か欠けているところがあるように見えてしまう。MotoはまだBLURを搭載した製品を数機種販売しているが、今後リリースされるモデルは「バニラ」なAndroidになるだろう。

    他のメーカーがこれにどう反応するか注目だ。消費者の予期に応えて彼らもバニラAndroidに戻るだろうか? それとも差別化のためにスキン開発の努力を続けるだろうか?

  • GoogleはAndroidの標準的ハードウェア仕様を提示することで分断化を抑圧できる  往々にして誇張して報じられがちだが、Androidには、事実、分断化問題がある。中でも、開発やテストの見地から非常に厄介なのは、おそろしくたくさんんの画面解像度があることだ。そこでGoogorolaが「諸君、われわれは向こう1年かそこらは800×480のディスプレイしか使わないつもりだ」と宣言すれば話はよほど簡単になるのではないか? もちろん他のメーカーはそれに従う義務はない。しかし従った方がなにかと都合がよいことになるかもしれない。

Googleは、ハードウェア製造レースに興味はないと長年言ってきたが、いきなりゼロから時速100kmまで加速して参入してきた(実際はゼロから30%だが、私の言いたいことは分かるだろう?)。ハードメーカーがAndroid携帯を市場に売り込む努力を続けている間、Googleは脇から見物していた―して今やメジャー・プラットフォームになったところで突如ハードウェア市場に参入してきたわけだ。邪悪な動きと呼ぶべきだろうか? 多少は邪悪かもしれない。しかし全体としてみれば天才的だ。30%の市場シェアが維持できれば、Googleはそれをテコに他のメーカーを自分の思う方向に誘導できる。

Androidは今後改良が進むだろう。それも急速にだ

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+

“GoogleのMotorola買収でAndroidの改良は急加速へ” への9件のフィードバック

  1. Siniti Yamanobe より:

    ハードを手に入れて、自由度が増したのだから、売る為にも自分たちの方が、差別化したくなってくるのでは?

  2. Siniti Yamanobe より:

    ハードを手に入れて、自由度が増したのだから、売る為にも自分たちの方が、差別化したくなってくるのでは?

  3. Siniti Yamanobe より:

    ハードを手に入れて、自由度が増したのだから、売る為にも自分たちの方が、差別化したくなってくるのでは?

  4. ハードウェア部門を手に入れて、しかも2万人(実際は大幅なリストラがあると思うが)の社員が増えたら、相当な圧力が増えて自由度がなくなる可能性もあるでしょう。
    例えば、今まで通り利益無視の戦略ではやっていけなくなり、ハードウェアで利益を追求する必要が出てきて、自社の端末の方を優先するような戦略が出てくる可能性が高いです。
    邪悪といえば、他のメーカーにとっては邪悪ですが、企業の戦略としては正しい行動で、今のAndroidの問題点を考えれば自社ハードウェア優先も不思議はないですね。

  5. だい より:

    Oracle が Sun を買ったのと同じ構図か。次は 携帯キャリア買収ですかね。

  6. 佐藤航陽 より:

    業界がもりあがるな!

  7. 佐藤航陽 より:

    業界がもりあがるな!

  8. 佐藤航陽 より:

    業界がもりあがるな!

  9. Shin Kitagawa より:

    「携帯電話そのものの特許」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中