合衆国の新しいサイトの22%はWordPressがベース

次の記事

恐怖のパテント費用–テクノロジをパテント訴訟業の餌食にするな

wordpress

ブログソフトWordPressが今日(米国時間8/1)、そのめざましい成長を表す数字をいくつか発表した。WordPressは、世界の最上位100万のWebサイトの14.7%で使われており、昨年の8.5%から大きく増加した。また、合衆国のアクティブな新ドメイン100のうち22がWordPressを使用している。これらは、WordPress.comとWordPress.orgのサイトを合わせた数字である。

ファウンダMatt Mullenwegが先週のWordCamp San Franciscoで行った、‘State of the Word’と題するスピーチも見てみよう。7月にWordPress.comのブログは、5000万を超えた。そのときのWordPressの開示によると、毎月のページビューの総数は25億、ビューワーは2億8700万名である。

Mullenwegのスピーチでは、WordPressのプラグインは今15000あり、これまでにプラグインは2億回ダウンロードされた。WordPress 3.2のダウンロードは最初の2日で50万だったが、そのアップグレードのペースは、ブログプラットホームの歴史における最速新記録だ。

今日WordPressは、世界中の18000人のユーザとデベロッパに対して行った調査の結果も発表した。それによると、これまで6800名の自営業デベロッパが17万あまりのサイトを構築しており、課金額のメジアンは1時間当たり50ドルである。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))