metamoji
7notes
7knowledge

浮川和宣氏の7knowledgeのiPad、iPhone向け高精度手書き認識アプリ7notesに英語版が登場

次の記事

KLabのIPOはソーシャルゲーム企業初のIPO、しかもきっかけは「キャバ嬢」

7notes

手書き文字認識機能を備えたiOSアプリはすでに多数存在する。たとえばNotes Plus、子供向けのiWriteWords付随的だがEvernoteなどがそうだ。しかし高い精度で手書き文字を認識するのは容易なことではない。

それがこの新しいアプリ7notes(iPad: 無料版有料版($8.99)/iPhone: 無料版有料版($4.99))が開発された理由だ。このアプリは基本的に手書き文字の認識専用で、それにきわめて高い水準で成功している。

iPhone版とiPad版の双方を試してみた。双方ほぼ同一の機能だが、もし選択できるのであればiPad版を薦めたい。指あるいはスタイラス(推薦)でメモを書くと、7notesは魔法のようにテキストを読み取って(そのように設定した場合)デジタル・フォントに変換してくれる(手書き文字とデジタル・テキストを混在させることも可能)。メモの文字に装飾を加え、ウェブページや画像を貼り付けることもできる。



オートスクロール、フォントサイズの変更、色つきの線、文章中の単語の先読み予測変換、自動学習する辞書、メモの自動セーブ、など付加機能も豊富だ。また必要に応じてiPadまたはiPhoneのバーチャル・キーボードを呼び出すこともできる。

7notesの開発元の7knowledge/Metamojiのファウンダーは、日本の大手ソフトハウス、ジャストシステムのファウンダーの浮川和宣氏で、言語処理、ドキュメント処理に30年以上の経験がある。その経験がこのアプリにはたしかに現れているといると感じられた。このアプリの最大のセールスポイントは手書き文字認識の精度だ。ほとんど場合(多少の練習は必要だが)精度は驚くほど高い。私が指で書いた文字をきわめて正確に認識した。

Here are two examples showing my handwriting. The app recognized words like “Serkan” or “Techcrunch”, too (iPad version/click to enlarge):

ユーザーは作成した文書をメールし、画像としてiPadないしiPhoneの写真アルバムに保存し、 あるいはFacebookやTwitterに投稿することができる。またDropboxやEvernoteのような他のアプリに転送することも可能だ。

7notesの機能をテストするための無料版があるが、こちらには手書き認識機能は添付されていない(手書き認識機能を使いこなすには若干の練習が必要だ)が。
7notes iPhone版(free/$4.99 premium
7notes HD iPad版(free/$8.99 premium

〔この英語版アプリの発売を記念して、日本語版も割引セール中。詳細はウェブサイトへ

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+