液体金属により最大20Wを発電できる電気靴–これまでの圧電素子を大きく凌駕

次の記事

Ustream、Telestreamと提携して高度なビデオ制作・編集ツールを提供

4e544c8de63c0.image

これは、これまで話題になっていた’電気靴’とは全然違う。圧電効果はおもしろいけれど、靴ぐらいの大きさでは十分な電力を作り出せない。せいぜい、数バイトしか送信できない送信機とか、LEDの点灯ぐらいにしか使えない。昔のレコードプレーヤーなどのように、音や震動を取り出すためには圧電が十分に使えたが、でも力の方向やタイプが事前に分かっているときには、もっと良い発電の方法がある。

歩行からエネルギーを取り出す場合、力の方向や性質がよく分かっている。そこでウィスコンシン大学マディソン校の研究者たちが、人間の歩行から最大で20Wを取り出せるシステムを開発中だ。

だからこれからは、歩くだけでiPadを充電できたり、低電力消費のコンピュータを使ったりできる。でも、歩行の足を止めてはいけないとなると、ちょっとつらいかな? 研究者たちは、その研究をすでに商業化して、Instep Nanopowerという名前で売りに出している。彼らによると、歩行時には熱だけでも300W相当が放散している。歩行の邪魔をせずに、その一部を取り出すことは可能だ、と。

彼らのやり方は、特殊な基質中に小さな金属の微液滴から成る液体を導入する。足がそれを押すと、微液滴は基質中を移動し、逆電気湿潤方式(reverse electrowetting)と呼ばれる仕組みにより、電気を生成する。すでに特許出願中と思われるが、Nature誌に論文がある。.

得られたエネルギーは、保存して後から使えるし、ただちにデバイスを駆動することもできる。彼らは、携帯電話の送信のようなハイパワーでは一種のリレーを使うこと、電話機に信号を送り込む…入力…にはローパワーで使う、といった方法で、電池寿命を延ばせるとしている。この話はちょっと具体的すぎるが、考え方は分かる。

彼らは今後ありえる問題(歩き心地、漏電、費用など)について、FAQで答えている。ぼくの心配は、靴に液体金属と電池がつくと、相当重くならないか?だ。ぼくは軽い靴が好きだから、たよりない電源のために100グラム以上も重くなるのは、やだね。

[出典: UW MadisonDvice]

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))