AmazonがKindleタブレットを7インチにとどめたのは賢明―モックアップ写真あり!

次の記事

ニキビつぶしが続くGoogle: 今度はAardvarkがあの世へ

Mockup 4

Amazonが先ほど発表したKindleタブレットは非常に重要な製品だ。これはいくら強調しても足りない。われわれのMG Sieglerは先ほど実機を手にして記事を書いている。上の写真はモックアップだ。

MGも書いているように、Kindleタブレットは噂されていた7インチと10インチの2種類ではなかった。今年の夏になってから急遽計画が変更され、Amazonは7インチモデルだけをリリースすることにした。

私の見るところ、7インチ版だけを発売するというAmazonの決断はきわめて妥当なものだ。Samsungその他のAndroidタブレットのライバルが震えるほど正しい決断といってもよい。詳しい説明に入る前に、現在iPadがタブレット市場の70-80を占めていることを確認しておこう。なるほどAndroidはiPad以外のタブレットに対しては優位を保っているものの、残され20-30%のシェアを全メーカーが分け合っている。

ところで、数カ月前から私は奇妙な事実に気づいた。ギークの友だちとの会話では「 iPadとXoom/Galaxy Tab/その他Androidタブレットを比較するとどうこう」という話題が必ず出る。しかし一般ユーザーとの会話では絶対にそういう話題は出ない。出るのは「iPadとKindleを比べると」という話題だ。

一般ユーザーはベッド寝転がって読めるような小型のタブレットを欲している。そうなればKindleだ。通勤列車の中で何か読むものが欲しいのでカバンの中にKindleを放り込んでおこうと考える消費者にとって、10インチのiPadは少し大き過ぎる。

また一般消費者は安いデバイスを望んでいる。ディスプレイが小型ならそれだけ安い。筐体もバッテリーもバックライトもすべて安上がりだ。発売後1年もたつのに、最安のiPadでも$499する。それに対してKindleタブレットは半額の$250だ。

同時にAmazonは多くのAndroidタブレット・メーカーとは異なる方向に動いている。つまり、「何でもできる万能デバイス」ではなく、機能強化版のKindleを目指している。本やその他のメディア体験だけをシンプルに提供する方向だ。もちろん、それ以外のこともユーザーが望むなら可能だ。そのためには独自のApp Storeが用意されている。しかしこれは通常のAndroidタブレットではない。たまたまOSがAndroidというだけで、これはあくまでKindleなのだ。

Samsung、LG、Motorolaその他すべてのAndroidタブレットのメーカーにとってはこの製品はひとつの警告といえるだろう。Amazonはすでに十分に一般消費者の間にブランドとして普及したKindleをベースにした安価で小型なタブレットを投入してきた。これは天才的だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+

“AmazonがKindleタブレットを7インチにとどめたのは賢明―モックアップ写真あり!” への17件のフィードバック

  1. 小型・安価なタブレットのニーズがあるのは皆分かってるし、ちゃんと製品も出し始めてるでしょ。たとえば、Idea Pad A1とかIconia Tab A100とか。Samsungが発表したGalaxy Tab 7.7もそんなに高価にはならなさそうだし。これで他メーカーがKindleアプリをプリインストールしてAndroidタブレットを売ったりするようになれば面白くなるよね。

  2. 別記事にはOSはAndroid2.2ベースだとあるけれども、この世代の7インチタブレットには低価格ながら300g台前半の製品が結構ある。つまり7インチAmazonタブレットはiPadの半分の重さで出てくる可能性が大きく、使い勝手ではこの部分が一番効いてくると思う。

    具体的には300gそこそこのタブレットは片手で持ち、かつ持った手の親指でフリックしながら本を読み進めるのに全然苦労しない。7インチというサイズは本の見開き表示には厳しいけれども1ページ表示にはなかなか具合の良い大きさで、電子書籍に見開き表示が必ずしも必須ではない事はKindleが証明している。

    逆に言うと7インチタブレットは何かを入力したり動画を見たり正直ウェブブラウジングにもあまり向いていない。しかしAmazonとしてはユーザに本を買わせて読ませる窓口として機能すれば十分なので、Amazon7インチタブレットは良いバランスの製品としてよく売れると思う。ただしiPadとは別カテゴリの製品として。

  3. 別記事にはOSはAndroid2.2ベースだとあるけれども、この世代の7インチタブレットには低価格ながら300g台前半の製品が結構ある。つまり7インチAmazonタブレットはiPadの半分の重さで出てくる可能性が大きく、使い勝手ではこの部分が一番効いてくると思う。

    具体的には300gそこそこのタブレットは片手で持ち、かつ持った手の親指でフリックしながら本を読み進めるのに全然苦労しない。7インチというサイズは本の見開き表示には厳しいけれども1ページ表示にはなかなか具合の良い大きさで、電子書籍に見開き表示が必ずしも必須ではない事はKindleが証明している。

    逆に言うと7インチタブレットは何かを入力したり動画を見たり正直ウェブブラウジングにもあまり向いていない。しかしAmazonとしてはユーザに本を買わせて読ませる窓口として機能すれば十分なので、Amazon7インチタブレットは良いバランスの製品としてよく売れると思う。ただしiPadとは別カテゴリの製品として。

  4. Fuminori Tomita より:

    Kindleユーザーとしてはバックライトがない画面の読みやすさのほうが重要であって、バックライトカラー液晶になってる時点で書籍リーダーとしてはナシ。でもKindle未体験だったら選択肢としては大きさって重要になるだろうなとは思う。片手で持てるかどうかは大きいよね。てかamazonは早く日本語ストア始めろって! #kindlejp

  5. Fuminori Tomita より:

    Kindleユーザーとしてはバックライトがない画面の読みやすさのほうが重要であって、バックライトカラー液晶になってる時点で書籍リーダーとしてはナシ。でもKindle未体験だったら選択肢としては大きさって重要になるだろうなとは思う。片手で持てるかどうかは大きいよね。てかamazonは早く日本語ストア始めろって! #kindlejp

  6. taka より:

    iPadをただ真似て同じようなコピーを作る他者と比べて、必要な要素だけに絞る大胆な発想は、さすが外国企業。というより企業ポリシーがあるからだろうね。だからすでにそう言ったのをなくしたソニーは、中途半端な二番煎じしか作れてないのかも。

    とりあえず早く日本の版元はKindleにチャンスを与えろって。
    くだらないBL本ばっか売れてる日本の電子書籍市場は、またしてもガラパゴス化するぞ。
    フォントとかフォーマットとかそんなのばかりについて討論するだけで、少しも読者のほうを見てないし。

    既得権益の保持に必死になってたら、またしても失敗するはず。

  7. 匿名 より:

    ”一般ユーザーはベッド寝転がって読めるような小型のタブレットを欲している。”
    確かに、ごろ寝スタイル、カウチスタイルで読書をする層は多いと思うし、いままでのタブレットでは少し大きく重いと感じる。
    さすが、Amazon!

  8. 匿名 より:

    シャープがガラパゴスで7インチ出してもここまで賞賛してくれるでしょうか?しないでしょう。液晶タブレットで大きさがどうのこうのはもう関係ない。だいたいアメリカのビジネスマンなんてA4フルサイズのノートPCを平気て持ち運んでた連中でしょ。10インチが大きいオーノーって本気かね。

  9. 匿名 より:

    PDFのような非リフロータイプが読みにくい。むしろA4とA5の二種類を出して欲しい。

  10. 匿名 より:

    PDFのような非リフロータイプが読みにくい。むしろA4とA5の二種類を出して欲しい。

  11. 軽いこと、丈夫なこと、持ちやすいこと、目に優しいこと。キンドルに求めるのはまずそれ。バックライト・キンドルで楽に読めるのであれば乗り換える。それだけ。

  12. Yutaka Yamada より:

    このタブレット、単なる価格競争かといえば、そうではないと思います。アップルや、アマゾン、それにグーグルなど、ビジネスプラットフォームを構築している企業は、広告による収入があり、ハードを売ることは、二義的なことにすぎません。できるだけ、多くの人にiPadのようなデバイスが出回り、トラフイックが増え、広告広告収入や、物販手数料その他で、収益をあげることがメインです。また、いくらハードが売れても、トラフイックがふえなければ、意味がありません。だから、アマゾンのような低価格のタブレットを販売することは当然のことなのです。いずれ、多くの、ビジネスプラットフォームを構築している企業のいくつかが、ハードにも進出してくるようになるかもしれません。そうなれば、将来的には、さらに低価格か、無料のタブレットが登場するかもしれません。そうして、多くの人々のライフスタイルを変えてしまうかもしれません。すでに、私たちは、それに近いことを携帯電話で経験しています。詳細は、是非私のブログをごらんになってください。
    http://goo.gl/prwSk

  13. Yutaka Yamada より:

    このタブレット、単なる価格競争かといえば、そうではないと思います。アップルや、アマゾン、それにグーグルなど、ビジネスプラットフォームを構築している企業は、広告による収入があり、ハードを売ることは、二義的なことにすぎません。できるだけ、多くの人にiPadのようなデバイスが出回り、トラフイックが増え、広告広告収入や、物販手数料その他で、収益をあげることがメインです。また、いくらハードが売れても、トラフイックがふえなければ、意味がありません。だから、アマゾンのような低価格のタブレットを販売することは当然のことなのです。いずれ、多くの、ビジネスプラットフォームを構築している企業のいくつかが、ハードにも進出してくるようになるかもしれません。そうなれば、将来的には、さらに低価格か、無料のタブレットが登場するかもしれません。そうして、多くの人々のライフスタイルを変えてしまうかもしれません。すでに、私たちは、それに近いことを携帯電話で経験しています。詳細は、是非私のブログをごらんになってください。
    http://goo.gl/prwSk

  14. Yutaka Yamada より:

    このタブレット、単なる価格競争かといえば、そうではないと思います。アップルや、アマゾン、それにグーグルなど、ビジネスプラットフォームを構築している企業は、広告による収入があり、ハードを売ることは、二義的なことにすぎません。できるだけ、多くの人にiPadのようなデバイスが出回り、トラフイックが増え、広告広告収入や、物販手数料その他で、収益をあげることがメインです。また、いくらハードが売れても、トラフイックがふえなければ、意味がありません。だから、アマゾンのような低価格のタブレットを販売することは当然のことなのです。いずれ、多くの、ビジネスプラットフォームを構築している企業のいくつかが、ハードにも進出してくるようになるかもしれません。そうなれば、将来的には、さらに低価格か、無料のタブレットが登場するかもしれません。そうして、多くの人々のライフスタイルを変えてしまうかもしれません。すでに、私たちは、それに近いことを携帯電話で経験しています。詳細は、是非私のブログをごらんになってください。
    http://goo.gl/prwSk

  15. 六平 より:

    …7インチって、何センチ? 莫迦でごめん。ってか、日本人だから「寸」表記ならわかるんだけど。

  16. 六平 より:

    …7インチって、何センチ? 莫迦でごめん。ってか、日本人だから「寸」表記ならわかるんだけど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中