報告:Facebokの2011年前半は、収益16億ドル、純利益5億ドル

次の記事

任天堂、Wiiの特許侵害で訴えられる

年半ばのFacebook最新収益情報の季節がやってきた。 前回本誌は、DSTとGoldman SachsのFacebookへの投資によって、興味深い数字がいくつか明るみに出たことを報じた。具体的には、2009年にFacebookの純利益が2億ドル、収益が7億7700万ドルだった。Goldmanの資料には2010年全体に関するデータは載っていなかったが、アナリストやレポートによるとFacebookの2010年の収益は最大20億ドル、純利益は6億ドルである。

多くの人たちが2011年にFacebookは、収益40億ドル(純利益10億ドル)に達すると予測しているが、Reutersが公表したFacebookの半期収支データを外挿すると、通年の収益はそれよりも低くなる。あるReutersの情報源によると、Facebookは第1、第2四半期で16億ドルを売り上げ、純利益が5億ドルであることから、通年予測は収益約32億ドル、純利益10億ドルになる。

予測を下回るとはいえ、この数字はFacebookが2010年同時期に得たとされる収益の2倍以上であり、好調な収益増加は、Facebook AdsやFacebook Creditsなどの新商品の促進に加え、7億5000万ユーザーの魅力をブランドに訴えた結果である ― そして、同社の非公開市場での評価額800億ドルに信用を与える。

以前から事情に詳しい人々によると、Facebookは2012年にIPOを行う計画だ。Googleは、現在時価総額1724億3000万ドルだが、IPO前年の2003年は収益15億ドル、純利益1億600万ドルと報告されていた。言ってみただけだが。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)