本の終り:イケアの書棚売り場に異変

次の記事

TokBoxがビデオのレコーディング/アーカイビングAPIを提供, 収益化にも取り組む

紙の本の時代が終った証拠がまだ必要な人は、イケアのちょっと気になる変化を見てほしい。家具メーカーを代表するBILLY書棚が、陳列棚の奥へ奥へとしまい込まれている。なぜか。消費者が本のためにこの棚を買わないことに、イケアが気付き始めているからだ。

これは炭鉱のカナリアとはかなり違うが ― 炭鉱の親方の喉がちょっとムズムズしているくらいか ― あらゆる兆候が物理的書籍の終りを示している。似た状況の例はいくらでもある。半端物セール以外でカセットテープ用ラックを売っているのを見たのはいつが最後だっただろう。大量のレコードを収納できる豪華な「ステレオ・キャビネット」は?バージン・メガストアは?

これを口にするのがいくら辛くても、いくら恐ろしく聞こえるとしても、本はわれわれを置いて去っていく。

Economist誌がこう書いている:

来月イケアは、おなじみの「BILLY」書棚に新しく奥行きの深いモデルを追加する。組立てパッケージ家具の巨人は、すでに書棚用ガラス扉を売り込んでいる。顧客がこれを、アクセサリーや小物、豪華本など ― 実際に読む本以外のあらゆる物を入れるのに使うことを想定しているのである。

書店は消えていくのか?私はそう思う。人気小説が電子ブックで提供されるようになって、最初になくなるのがペーパーバックで、残るのは「骨董」的なハードカバーだけだろう。私が向こう5年間で予想していること。出版社は大慌てで海賊行為を排除し始め、消費者に、次にハードウェア会社に激しく当たり散らし、そしてついには、音楽業界が今直面しているのと同じ長期低迷期に突入する。

私はライターである。本が大好きだ。出版業界を愛してもいるし嫌ってもいる。しかし、自分の商品がイケアに見放されたなら、そろそろ出版エージェントとの長い昼食を切り上げる時かもしれない。手遅れにならないうちに。

via SplatF

[Image: Sergej Razvodovskij/Shutterstock]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“本の終り:イケアの書棚売り場に異変” への19件のフィードバック

  1. Jun Ito より:

    本はわれわれを置いて去っていく。

  2. Jun Ito より:

    本はわれわれを置いて去っていく。

  3. Inetgate より:

    蔵書の裁断・スキャン・廃棄(資源ゴミと燃えるゴミ)を行うと今まで本が鎮座していた多目的な棚は再利用方法もありますが、純粋な本棚はどうしようもなく、自治体の不用品引取りで処分せざるを得ないという...

  4. 須川常昭 より:

    電子書籍化が進んでいるので、既存の本棚も本以外の物を収納するようになってきた。本棚の需要は少なくなっている。

    • 単に本を購入する人が減っただけかもね。
      読みたい本がなくなってきたのか、本以外に時間やお金をかけるようになったのが影響しているのかも?

    • 単に本を購入する人が減っただけかもね。
      読みたい本がなくなってきたのか、本以外に時間やお金をかけるようになったのが影響しているのかも?

  5. あくまでも米国での事例。「電子書籍化が進むと、IKEAの売り場が変る。」 ペーパーバックという本が主流の米国では本は文章の入れ物。日本では、新書にもカバーが掛けられ、帯が掛けられ、さらに書店のカバーがかけられている。電子書籍化は別のガラパゴス進化をするだろう。

  6. 家具の販売店「ニトリ」が、昔アメリカ視察をした際、
    「クローゼットがある!!」と仰天。
    それから自社の店舗で「タンス」を売り場から撤去した有名な話がある。

    タンス自体は日本の文化であり、家具店にとっては必須アイテム。
    しかし、似鳥代表は英断で撤去し、今の高収益モデルへと変化している。

    実際に今、タンスなんかに服をしまっている人はいるの?という感じ。
    書籍も同じように、今の本棚の小さい変化が、大きな変化になるだけ。
    それにきづくのは「ニトリ」だけ となるのか?

    • IMO より:

      いや、私の知る限り、名古屋から西では結婚時にタンスを作るのは現在でも当たり前。
      タンスなんてというのは、東京以外知らないという事です。
      名古屋から西の女性と付き合う時は、覚悟した方がいい。

      • 世間知らずでした。
        すみません。

      • いわさきX より:

        僕は名古屋より西ですけど、結婚時にタンス作るなんて聞いた事ないですよ。

      • IMO より:

        なんかスレチで済みませんが(^_^;)
        名古屋とか岐阜だったりすると、婚約時に女性の親にタンスを発注されますよ。
        その中身は結婚前に男性がお金を出して一杯にします。近所の人に見せるためです。(私の後輩の体験です)
        私は別にこれを肯定してるわけではないですが、普通に今でも行われてますからね。

        ネットでも「タンス 嫁入り道具」とか検索するとわらわら出ます。
        これとか。
        http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1425629.html

  7. Mana Yuki より:

    個人的には紙媒体の方がすきやけどな。。。
    全部が電子化してしまったら押し花の栞とかそういうあったかい文化(個人的にはそうおもってる)もなくなってしまうのかな。

  8. 匿名 より:

    アメリカでは、1年ぐらい前に電子書籍の販売数がハードカバーの販売数を上回っているから、本棚を買う人も少ないんだろうね。でも、日本の現状はまだまだ格安の業界の牽引力のある電子書籍リーダーが出てないし、出版業界の反発も根強い。
    日本のAmazonが出版業界を説き伏せて、2万円を切るような日本版kindleが出れば、すぐにアメリカのあとを追いかけるのは間違い無いと思うけどそれまでは少し時間かかるかもしれない。

    しかし、村上龍のように作家自身が直接販売するような動きがもっとあるかもしれないし、Amazonが著作者と直接電子書籍出版社をやってしまう方法もあり得るし、水面下では思ったより進んでいるような気もする。

  9. Kobajun より:

    本のいうか出版業の歴史を振り返れば、(紙+インク)+三次元流通が液晶表示+オンライン流通へ化けるのは、不思議でもなんでもないのでは?問題はこの変化により生活基盤を損なわれる場合のケアでは?

  10. Masashi Ono より:

    書籍がコレクターアイテムになっていくんでしょうね。
    で、他のコレクションアイテムと同様に溜まってくると家族に邪魔にされる。
    何度でも読み返したい本と、一度読めばいいやという本がありますが、そうするとますますブックオフの役割が大きくなってくるようにも思います。古本屋というよりも、有料の図書館という感じになってくるんではないでしょうかね?

  11. inumaru より:

    米国では、そもそも本棚のある家が少ない。
    いわゆるマガジンラックに入る程度の雑誌があるだけ、という家がほとんどだったりする。

  12. inumaru より:

    米国では、そもそも本棚のある家が少ない。
    いわゆるマガジンラックに入る程度の雑誌があるだけ、という家がほとんどだったりする。

  13. Syutaro より:

    短期的には読む段階+保存する段階の2段階化があるかも。
    オフィスですべてPC上でできることであってもプリントして確認/一覧性に紙の需要があるように、大量の文字を読む・アタマに入れる段階では「本」という形態の利便性はまだまだ捨てがたい。個人レベルで本の保存に需要があるのは、読んだものにいつでもアクセスできるかどうかわからないからと思う。読んだものに確実にアクセスできる方法があれば、そちらに移行するはずというものの、現時点ではPDF化だけではまだちょっと足りない感じ。だが、これはサービスがすぐに追い抜いて電子化がドンドン進んでいくのだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在391人フォロワーがいます。