サムスンが静かに世界征服を進めている

次の記事

Google、先週のGoogle Docsダウンを説明

果たしてSamsungのやっていないことなどあるのだろうか。私がピカピカのGalaxy S IIを買ったその週に、彼らはソーラー発電ネットブックを途上国向けに発売した。どの米国やヨーロッパの企業とも異なり、Samsung Electronicsはスマートフォンメモリー素子テレビ画面コンピューターハードディスク作っている。テクノロジー界史上かつてない軍備競争の中にあって、彼らは兵器ディーラーと侵略者の両方を兼ねる唯一の組織だ(ちなみにSamsung Groupの系列会社は、船舶と高層ビルを作り、生命保険を販売し、テーマパークを運営している。)同社の収益は、AppleやMicrosoftを越え、世界的普及度は他に類を見ない。

たしかに彼らはAppleと大がかりな特許戦争世界あちこち戦っている – しかし同時に、どのiPhoneもその26%はSamsungだ。彼らが法廷闘争にすべて敗れたとしても、iPad/iPhone/iTouchが1台売れるたびにSamsungの金庫はチャリーンと鳴る。彼らの主要スマートフォンやデバイスはAndroidだが、それとは全く別にBadaというスマートフォンプラットフォームを持ち、MeeGoの一部も所有している(ただし買収は否定している)。そうだ、Windows 8タブレットだっていつ出てもおかしくない。これは6ヵ月前には誰も関心を示さなかったことだが、GoogleがMotorolaを買い、他のAndroidベンダーが二級市民になるリスクを抱える今、長期的に賢い考えに見えてくる。

ソーラー発電ノートブックもそうだ。途上国市場は消費者向けテクノロジーに関しては、大ブームの機が熟しているが、インフラストラクチャーは未だに不備が多く、停電や電力不足は特に問題だ。だから郊外でも大都市でもソーラーパワーで寿命の延びるテクノロジーは歓迎だ。もちろん、本命ビジネスはスマートフォンだ。昨年私が予言したように、今年ケニアでは、Huaweiの90ドル+契約縛りなしのAndroid機がたちまちベストセラーになった。私の予想では今後6ヵ月以内にSamsungは、最小機能の低価格Android機 ― ソーラー充電もあるかもしれない ― を発売し、Huaweiを追って現在の「伝統的」スマートフォン市場以外の50億人をターゲットにするだろう。

もう一つ、意外な予想。彼らの製品はApple製品と、法廷、市場の両方で直接競合し、GoogleがMotorolaを買った今、ここも半分ライバルになった。しかし、Samsungには、クパチーノやマウンテンビューに見られるソフトウェアの才能やオンラインでのプレゼンスは、かけらもない。もし、この分野にも進出たいのなら(大きな「もし」なのはわかっている)、あわれで傷ついたYahoo!を買収することで半歩前進できるかもしれない。Samsungの桁外れの基準からすれば比較的安価だろうし、Yahoo!にとっても長い目で見て最高の展開だと私は思っている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“サムスンが静かに世界征服を進めている” への14件のフィードバック

  1. でも最近は向かい風の方が多い気がする>サムスン
    ドイツでは出荷停止になってしまったし、Appleは他のサプライヤーを探しているし(元々サムスンの独占でもないし変更は可能)液晶などの部品も苦戦中(日本メーカーも酷いことになっているが)ですからね。
    いずれにしろ今後の戦略は要注目ですね。特に直接競合する日本メーカーにとっては・・・既に負けている分野の方が多いが

    • Magome より:

      競合、競争こそ力となり、補い合って対抗、成長して行かなければ。

  2. 米国がサムスンを恐れる理由は、アップルと同じ「直接の下請け」を持たないで、全ての部品を集めて作るノウハウが類似している点。と思う。
    アップルはチャイワン(台湾と中国)がメイン。
    サムソンは日本とどこかw。

    また、サムスンが優れているのは、アメリカと同じように工業製品を売り込む前に、
    生活に密着しやすい映像を売り込んでファン化させている点。
    アメリカならハリウッド。韓国ならドラマ。
    これで無理なく工業製品を売り込める下地が出来上がる。

    ちょっとした「違い」が、ちょっとした売上につながる。
    韓流ゴリ押し論もあるけれど、世界征服には必須の要素。
    マクドナルドやコーラなどが良い例だ。

  3. Aaa Aaaa より:

    チョンなんて買いません

  4. Aaa Aaaa より:

    チョンなんて買いません

  5. Als より:

    >同社の収益は、AppleやMicrosoftを越え、
    えっw

  6. Cito7799 より:

    ”ソーラー発電ネットブックを途上国向けに発売した”。これがSamsungの強みの一つだね。徹底した現地ニーズの深堀と素早い市場投入で、市場を席巻してきた。
    ただ、Samsung本社の、凄まじい成果主義は、息切れも早いような気がするし、歴史は当然巡るだろう。

    1.日本製品なんてサルマネの三流品と侮っていたアメリカ勢が日本勢に完敗した→
    2.韓国製品なんて劣化コピーの安物と嘲笑っていた日本勢が韓国勢の前に顔面蒼白(今ココ)→
    3.中国製品なんて盗んだ技術で作ったクズ製品と見下していた韓国勢が中国勢の前にひれ伏す(おそらく次はコレ)

    3.が来る前に、アメリカのセンスを買うって言うのは、なかなか鋭いかも。
    さて、日本勢の中で、今のアップル並みにもう一度輝くメーカーが生まれるだろうか。今が正念場のような気がする。まあ、景気が良くないと生活している私も困るので、ガンバレ日本と…

  7. Konno Motoi より:

    iPhoneの26%がサムスンだったとは知らなかった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在367人フォロワーがいます。