Bitcasa、容量無制限のクラウドディスクが月額10ドルで

次の記事

Androidマーケット、60億ダウンロード間近。一番儲かるのはお天気アプリ

クラウドがあなたのハードディスクになる。それも、たったの何十ギガバイトでもテラバイトでもペタバイトでさえなく、そのすべて ― 無限ストレージ ― がたった月額10ドル。これが、新たなTechCrunch Disruptファイナリスト、Bitcasaの驚くべき約束だ。

同社がスタートする新しいクラウドストレージ・同期・共有サービスは、ハードディスクメーカーやDropBoxやSkyDriveなどのオンラインサービスなど、あらゆるライバルを一蹴する。実は、その価格と無限ストレージ以上にこのサービスが画期的なのは、ユーザーのデバイスとの完全な一体化だ。何も見えない。デスクトップ上のアイコンもなければ、ファイルをフォルダーにドラッグ&ドロップすることもない。ファイルをパソコンに保存すると、代わりにクラウドに書き込む。クラウドハードディスクであり、実際のハードディスクは単なるキャッシュだ。

ファイルをクラウドに保存したり、デバイス間でファイルを同期するというアイディアは新しくない。Dropbox、SkyDrive、Google Docs、Amazonをはじめ数多くのオンラインストレージが以前から提供されてきた。さらに、Mozy、Carbonite、Backblazeなとの会社は、ユーザーファイルのバックアップにクラウドを使用している。他にも、MegauploadやYouSendItがクラウド経由のファイル共有を中心としたサービスを提供している。

しかし、Bitcasaは、これらのどのサービスとも違う。ファイルをあちこち移動させない。同期もさせない。扱うのはビットやバイト、1と0のデジタルデータだけ。

ファイルを保存すると、Bitcasaはあの1や0の集まりをクラウド上のサーバー側に書き込む。ファイル自身のことは、実は何も知らない。ファイル名も中身も知らない。誰がファイルを書き込んだのかも知らない。そして、データはクライアント側で暗号化されるため、Bitcasaは何を保存しているのかも知らない。

つまり、もしあなたが80GBのMP3コレクションや1テラバイトの映画(どうせtorrentした物が殆どだろうけどね!)をクラウド化したければ、さあどうぞ。RIAAやMPAAが召換状を手に、Bitcasaのドアをノックしに来ても、Bitcasaが持っているのは暗号化されたビットだけで、復号化する手だてもない。

まだこのアイディアを理解できない人は、こう考えるとよい。壊れやすくて限りのあるパソコン上(あるいはもうすぐ、電話機上)のハードディスクに頼るのではなく、あなたのデータは無数に並んだハードディスク群に保存され、必要な時にストリーミングされる。そして「オフライン」問題に対処するために、最もよく使われるファイルは、パソコン上に賢くキャッシュされるので、稀ではあるがクラウドがダウンした時や、この方が多いだろうがインターネット接続のない時にも作業を続けられる。

Bitcasa経由のファイル共有も簡単だ。ファイルまたはフォルダーのリンク(URL、右クリックで取得できる)をコピー&ペーストして誰かにメールかIMなどのサービスを使って送ればよい。相手がリンクをクリックすればファイルが直接デスクトップに配信される。

そしてこの価格。一体全体どうしてこんなに安いのか。

実はこれが簡単な話だ。BitcasaのCEO Tony Gaudaの説明によると、10ドル/月でも会社は大きな利益があるという。事実は、ユーザーのデータの60%は複製であるということ。あなたがMP3ファイルを持っていたとすれば、たぶん誰かが同じものを持っている。一個人の持つ固有データは25GB程度の個人データだと彼は言う。特許取得済みの重複防止アルゴリズムと圧縮技術と暗号化によって、Bitcasaはコストを下げている(ずっとずっと下がっているがこれは秘密のレシピ)。これが低価格の理由だ。さらにBitcasaは、ストレージ無制限ではないフリーミアム版も準備中だと言っている。

このサービスは、話がうますぎるので、解決すべき疑問がまだまだ残る。本当にうまくいくのか?パソコンが遅くなるんじゃないか?スケーラブルか? 会社は準備万端だと言っているが、信じるまでにはまだ時間が必要だろう。

現在Bitcasaは同社の技術に関して20の特許を持っており、さらに増やす計画だ。また、現在デスクトップでやっているのと同じことを、バックグラウンドで行うモバイルアプリも提供予定だ。同社は他の機能、例えばリアルタイムビデオコード変換などにも取り組み中で、どのデバイスにも簡単に映画をストリーミングできるようになる。他にもいろいろ作っているようだが、今はベールに包まれている。

Bitcasaのファウンダーは、CEOのTony GaudaJoel AndrenKevin Blackhamの3人で、それぞれの前職には、MasterCard、VeriDign、Classmates.com、Mozy等がある。Bitcasaは、Andreessen Horowitz、First Round Capital、Pelion Venture Partners等から計130万ドルの資金を調達している。

Bitcasaは限定ベータテスト中は無料。サインアップはこちらで

情報開示:CrunchFundはBitcasaの出資者である。

エキスパート審査員:Aileen Lee (Kleiner, Perkins, Caufield & Byers)、Dustin Moskovitz (Asana)、Michael Parekh (MPi Capital)、Joshua Schachter (Jig)

MP:これはすごそうだ。秘密は何?

A:特許を20件持っている。最も興味深く、決定的な能力は ― ユーザーが必要なものを必要になる前に知っていること。ユーザーは一切特別なことをしなくてよい。

DM:誰がこれを必要としているか市場調査はしたか(みんなすでにオンラインサービスを使っている)

A:データの管理がすべて。もう、管理の心配はいらない。

AL:Apple、Amazon、Googleとどう戦うのか。

A:うちはストレージに特化している。クロスプラットフォームである。例えばApple製品はApple製品でしか動かない。

JS:キャッシュされていない動画をストリームできるか。

A:必要なバンド幅さえあれば。ただしわれわれのキャッシュは非常に高度だ。さらに、みんな自分の持っているデータ量を過大視している。

MP:使用上の制限は?

JS:ユーザー毎にアカウントを持ち、リンク(ファイルまたはフォルダー)を他のユーザーと共有できる。インターネット全体でファイルを共有することはできない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“Bitcasa、容量無制限のクラウドディスクが月額10ドルで” への14件のフィードバック

  1. undo より:

    重複排除で容量削ってるなら完全な暗号化はありえないのでは。
    あとストレージ容量より転送量のほうが高コストじゃないかと思うんだけど大丈夫なのかな。

    • Aaa より:

      何を完全な暗号化というのか議論の余地はあるだろうけど、基本的にはチェックサムかけてそれで比べてるんでしょ。

      ただ、それをやると逆にネットワークの遅延が発生すると思うんだけどなー。例えば日本とアルゼンチンに住んでいる人が同じファイルを持っていて、同様にアクセスしようとした場合とか。

  2. twinleaves より:

    転送量が月間◯◯MBとか?w

  3. 匿名 より:

    デスクトップにおいたファイル全てを自動的にクラウドに保存されるというとインターネットプロバイダーが快適・安定した品質のサービスを継続することが難しくなってくるんじゃないだろうか?
    ちょっと、無駄が多すぎる過大サービスのような気がする。
    情報を整理して使うなら、Dropboxで十分。

  4. 飯田康介 より:

    Evernoteのように月間の転送量で制限かけるのかな。
    月額10ドルなら試しに使ってみよう。

  5. 匿名 より:

    重複排除で暗号化って,xをchunk,hをhash,Eを暗号化関数として,h(x)でxを暗号化y = E(h(x), x),Bitcasaにはh(y)でyを引けるようにして,(h(x), h(y))のバインディングはクライアントサイドだけが知っているとかそんな感じ?

  6. Tomohiro Koike より:

    $10で容量無制限といわれたら、自分なら撮りためている子供のビデオとか置きたくなるけど。録画や録音は基本的にすべてユニークで、他のデータと重複しない。仮に現状分析で重複の無いユニークデータが40%だとしても、このサービスが仮に普及しだしたら、すぐに大きなユニークデータも増えだすんじゃないのかな。

  7. Tatsuji Kaku より:

    これは、面白いサービス。すべてのバックアップストレージやサービスを駆逐してしまう可能性すらある。でも今までも「こんな画期的なサービス!」というものがすべて成功をしてきたわけではない。
    扱うのがデータだから、会社が飛びました→世界中で大惨事という可能性もある。もうちょっと様子見かな。あとで読み込みます。

  8. Tatsuji Kaku より:

    これは、面白いサービス。すべてのバックアップストレージやサービスを駆逐してしまう可能性すらある。でも今までも「こんな画期的なサービス!」というものがすべて成功をしてきたわけではない。
    扱うのがデータだから、会社が飛びました→世界中で大惨事という可能性もある。もうちょっと様子見かな。あとで読み込みます。

  9. Tatsuji Kaku より:

    これは、面白いサービス。すべてのバックアップストレージやサービスを駆逐してしまう可能性すらある。でも今までも「こんな画期的なサービス!」というものがすべて成功をしてきたわけではない。
    扱うのがデータだから、会社が飛びました→世界中で大惨事という可能性もある。もうちょっと様子見かな。あとで読み込みます。

  10. Ransui Iso より:

    お若いの。ちょっと寄って行って昔話でも聞いていかんかね?
    ちょっと前にSafeSyncってのが日本でサービスを開始したんじゃ。
    彼らSafeSynの中の人らは日本のアレゲ民の貪欲さを過小評価しておって……ゲフンゲフン……

  11. tedman より:

    「SafeSync」の二の舞になりませんように・・・とりあえずは来月始まるYahoo!ボックスの方で様子見。

  12. tedman より:

    「SafeSync」の二の舞になりませんように・・・とりあえずは来月始まるYahoo!ボックスの方で様子見。

  13. tedman より:

    「SafeSync」の二の舞になりませんように・・・とりあえずは来月始まるYahoo!ボックスの方で様子見。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在392人フォロワーがいます。