Facebook、友だちを自動分類する「スマート友だちリスト」を正式公開

次の記事

複数のマシンを一個のマウス+キーボードで制御, Microsoftの「国境なきマウス」

Smart Lists 3

今週Facebookは 「スマート友だちリスト」というかなり重要な新機能をそっと公開した。これはアルゴリズムによって同僚、同窓生、近所に住んでいる人など、友だちを自動的にグループに分類して表示する。今日(米国時間9/13)Facebookは「スマート友だちリスト」を正式に紹介し、いくつか細かい機能も追加した。

「友だちリスト」自体はFacebookに何年も前から存在する。しかしほとんどこれといった機能がないため、何百人ものリストをひたすらスクロールしなければならない。この「友だちリスト」は作成の手間が面倒なわりにさしたるメリットもないため、利用するユーザーは少なかった。しかしFacebookではこの新しい機能が―すくなくとも一部の―ユーザーの関心をひくだろうと考えている。

私はこの機能の説明を受けただけで、まだ自分自身のアカウントではテストできていない〔日本版では未公開のもよう〕ものの、機能はさして複雑ではない。Facebookは、同僚、学校の同窓生、同じ市に住むユーザー、という3種類の友だちリストを自動的に生成する。これはリストづくりのスタート台としてなかなか便利だ。さらにユーザーが独自のリストを作った場合、Facebookのシステムはそのリストがどんな種類のものかを推測して、追加すべき友だちの候補を表示する。

そしてもう一つ、「星付きリスト」がある。これはユーザーにとってもっとも親しい友だちのリストだ。Facebookは誰をこのリストに加えるべきかアルゴリズムによる推薦はしない。Facebookではユーザーがこのリストに加えるのはせいぜい5人から10人だろうから、ユーザー自身の選択にまかせるのが一番よいと考えたようだ。「星付きリスト」には特別の機能がある。このリストに登録されている友だちが写真や記事を投稿するなど何らかの活動をすると、それがどんなささいな変化であれ必ず「お知らせ」(赤いバッジによる通知)を受け取るように設定できる。

もう一つ「知り合い」リストも導入された。これは「星付きリスト」と逆に、もっとも重要なステータスの変化(結婚、転職など)以外はいっさいニュースフィードに表示されない。通常のアップデートは無視される。

リストを作成した後、ユーザーは特定のリストに所属する相手だけにアップデートを公開することができる。またリスト毎にプロフィールの公開内容を設定できる。

今日発表されたこの新機能は、友だちを簡単にいくつものグループに分類する機能を特長とするGoogle+と比較されることなりそうだ。Google+はユーザーが興味を持ちそうな相手を多数紹介することには長けているが、どのサークルに分類するかは完全にユーザー任せだ。それに対してFacebookの「スマート友だちリスト」は最初の分類を自動的に実行し、またそのリストに追加すべき相手をアルゴリズムで推薦する点、一歩先を行った機能といえよう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+

“Facebook、友だちを自動分類する「スマート友だちリスト」を正式公開” への7件のフィードバック

  1. FBらしい分け方。実名主義だから出来し、効果が発揮される。
    日本では「余計なお世話」になる。更に犯罪につながるとか、そういう発想しかない。(ストリートビューの時ね)

    同僚はビジネスツールの独占。(普通のメール使わないとか)
    同窓生はbtob向け。
    そして、近所はジオサービスの発展。
    こんな感じで分類したでしょうか?

    特に近所はソーシャルグラフの中で重要。
    すでに新聞を取るつもりがないので、「チラシの折込」をすでに3年間見たことがない。
    ポストのポスティングはあるが、宅配業者だけである。

    未だに電子折込チラシの受け皿が無い。
    こういうツールが発展すれば、将来では当たり前の事が、出来てくると思う。

  2. FBらしい分け方。実名主義だから出来し、効果が発揮される。
    日本では「余計なお世話」になる。更に犯罪につながるとか、そういう発想しかない。(ストリートビューの時ね)

    同僚はビジネスツールの独占。(普通のメール使わないとか)
    同窓生はbtob向け。
    そして、近所はジオサービスの発展。
    こんな感じで分類したでしょうか?

    特に近所はソーシャルグラフの中で重要。
    すでに新聞を取るつもりがないので、「チラシの折込」をすでに3年間見たことがない。
    ポストのポスティングはあるが、宅配業者だけである。

    未だに電子折込チラシの受け皿が無い。
    こういうツールが発展すれば、将来では当たり前の事が、出来てくると思う。

  3. 自動生成だけででは無く、自分でリストも作れるならば使えるのかな。

  4. こうゆう新機能を”そっと”公開するところが本当にステキ。

  5. こうゆう新機能を”そっと”公開するところが本当にステキ。

  6. ひでーん より:

    早速見てみよう(´・ω・)

  7. Twuru Takahashi より:

    本日実装しましたね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中