オバマ大統領、Facebook COO、サンドバーグ宅で選挙資金集めパーティー開催

次の記事

Androidのおサイフケータイ、Google Walletを詳細レビュー

シリコンバレーのみなさん、オバマ大統領はどうしてもそこへ行かずにいられないようだ。この週末ベイエリアで時間ある?3万5000ドル奮発できる?そう、もしあなたが現職大統領と会いたければ、オバマ資金調達ディナーに参加しよう。今度の日曜日、場所はアサートン町のFacebook COO、Sheryl Sandberg宅。

世界で5番目にパワフルな女性の家で行われる、このオバマ「Victory Fund 2012」ディナーは、昨秋大統領が、Google幹部のMarissa Mayer宅をパロアルト市に訪れ(金額はほぼ同じく3000ドル)、今年2月にはKleiner Perkinsのベンチャーキャピタリスト、John Doerrの家で特別な会合に参加したのに続くものだ。Doerr宅には、Facebook CEO Mark Zuckerberg、Apple CEO Steve Jobs、Yahoo CEO Carol Bartz、Cisco CEO John Chambers、Twitter CEO Dick Costolo、Oracle CEO Larry Ellison、Netflix CEO Reed Hastings、Genentech会長 Art Levinson、Google CEO Eric Schmidt、そしてベンチャーキャピタリスト Steve Westly Doerrらが集まった。オバマ大統領は、Salesforce CEO Marc Benioff宅も4月に訪れている。

なぜそれほどシリコンバレーが好きなのか。オバマ大統領は、選挙活動全般を通じて自らをテクノロジー分野友好派と位置付けており、最近もFacebook本社でFacebook CEO Mark Zuckerbergのインタビューを受け、Twitterでタウンホール集会を開き、選挙運動CTOに Threadlessの前CTOを採用している。

限られた予算内で、それでも大統領と同席したい人へ。元Symantec CEOのJohn W. Thompson、Sandra夫妻が、早い時期に、より低価格のレセプションを、入場料2500ドル、写真付き7500ドル(2名なら1万ドルに割引)で主催する

Via: SFGate

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)