Facebook、タイムラインを発表:生涯の記録を1ページに

次の記事

GoogleがHangouts APIを提供–会議など有料グループアプリのベンダはパニック?

今日(米国時間9/22)サンフランシスコで行われたFacebook f8カンファレンスの壇上、CEO Mark Zuckerbergが同サービスの新しい革命を披露した。最初の主要な変更、それはプロフィールだ。

Zuckerbergは、最初のプロフィールは人生の最後の5分間のようなものだった、と語った。2008年に改訂されたプロフィールは、人生最後の15分間を見せるよう拡大された。今日発表する最新プロフィールは「それ以外のすべて」だとZuckerbergは言った。この機能を彼はタイムラインと呼んだ。

「これはFacebook体験の中心であり、完全にゼロから考え直した」とZuckerbergは言い、一年中をかけて作り上げたことを明かした。「タイムラインは、あなたの生涯にわたる記録だ」。

Zuckerbergが見せたものは、美しい新プロフィール画面で、これまでFacebookが作った何と比べてもずっとビジュアルだった。正直な感想は、かなり良くできたTumblrブログというところ。三つの主要部分からなっている。

  • その人の全ストーリー(記事)
  • その人の全アプリ
  • 自己紹介の新しいやり方

これらが、生まれた日までさかのぼる。

こうしたコンテンツ全部を表示しようという試みは、膨大なデザインの挑戦だった、とZuckerbergは強調した。どうやってこれを1ページに収めるのか? まず、最近のコンテンツがすべて、新しいグリッドビューで表示される。時間をさかのぼっていくと、そのユーザーのコンテンツの要約のような形で最も重要なコンテンツが表示される。昔へ行けば行くほど、見えるものは減っていく ― 特別の瞬間だけになる。「これがタイムラインのしくみの秘密だ」とZuckerbergは言った。

これはモバイルでも動作する。Zuckerbergは、タイムラインの紹介を主にウェブで行ったが、iPhoneの小さな画面でもやってみせた。考え方は同じで、より濃縮されている。

「わが家のように感じられる場所をデザインしたかった」とZuckerbergは言った。

当然これは、時間をかけて公開されていくだろう(CTOのBret Taylorは今後1~2ヵ月間と言っていた)。タイムラインの詳細はこちらで。

アップデートタイムラインはこうなる

アップデート2デザインとデータの交差点で、Facebookのタイムラインは生まれた

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)