SamsungとIntelが組んでLinuxベースの新OS Tizenを開発

次の記事

AndroidのパテントをめぐるMicrosoftのやり口に対しGoogleが“それはゆすりだ"

tizen-linux

Samsungがモバイルのプラットホームを多様化しようとあせって(?)いることは、今では誰もが知っている。しかし、Badaは、良くできてはいたが破産し、Androidは、Googorola(Google + Motorola)の行き先次第でどうなるか分からない。

でもSamsung自身はじっとしていない。Windows Phoneへの尽力と引き換えにAndroidのロイヤリティ*を払ったことにするクロスライセンス契約をMicrosoftと締結した。それだけではない。Intelとの関係では、SamsungはLinuxベースの新OS Tizenの立ち上げを支援している。これは当然、最近放棄されたMeeGoプラットホームに置き換わるものだ。〔訳注: ‘Androidのロイヤリティ’は原文のママ。今やAndroidはMicrosoftのものか?! 正しくは、’Android関連のパテントのロイヤリティ’と書くべきところ。〕

Tizenの開発主体はLinux Foundationだが、これは対象デバイスがスマートフォンやタブレット、スマートテレビ、ネットブック、車載システムなどだ。OS本体とSDKの提供開始は、2012年第一四半期の予定。Linux Foundationは、Fujitsu、Panasonic、NEC、Motorola、ARMなど大企業の会員が多いが、IntelとSamsung以外の主力選手はまだ不明だ。

新OS Tizenは、MeeGoと同じくLinuxベースのオープンソースだから、IntelのOpen Source Technology担当ディレクターImad Sousouが、”なぜMeeGoを進化させないのか?”、と問うのも当然だ。彼のブログ記事から引用しよう:

ごく少数のアプリケーションを除いては、今後はHTML5ベースのアプリケーションが主流になるだろう。だから研究開発への投資もHTML5へシフトすべきだ。HTML5へのシフトはしかし、モバイルが対象であっても、MeeGoがそうであったように、既存のLinuxの上にWebのランタイムを貼り付けたものではない。HTML5への注力は、HTML5のプログラマには見えないAPIが硬直的なものでなく、プラットホームの技術とともに進化し、各市場の特性や要件に応じて可変な形で、推進されなければならない。

しかしそれでは、Nokia N9のようなMeeGo製品のオーナーは今後どうなるのか? それが、まだ分からない。まず、IntelはMeeGoの開発を続けると約束しており、今後のアップデートの予定もある。しかし今月の初めには、Intelが実はMeeGoの開発を”一時的に”停止する、という噂が流れた。これに対するSousouの答はこうだ: “今後の2か月で、MeeGoのユーザをTizenに移行させる措置をとる。また、MeeGoのデベロッパをTizenに移行させる努力も、真剣に行う”。

もうひとつの疑問は、Badaの今後だ。Samsungは今すでにAndroidとWindows Phone 7を抱え、後者は今回のライセンス契約でより目立つ存在になるだろう。そこに、Tizenだ。多様性は結構だが、誰も、自分のデバイスのプラットホームがやせ細ることは期待しない。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“SamsungとIntelが組んでLinuxベースの新OS Tizenを開発” への8件のフィードバック

  1. いわさきX より:

    断言する、これは流行らない。

  2. そういえばマクロソフトはLinuxにもパテント料を要求してたよね。
    確かどっかのカメラメーカーもライセンスを結んだとか・・・これもLinuxベースなので、成功したらまたマイクロソフトの収入になるのかなぁ?

  3. いけも より:

    偽物でない真のフリーなプラットフォームは欲しいところですが迷走しすぎですね。

  4. いけも より:

    偽物でない真のフリーなプラットフォームは欲しいところですが迷走しすぎですね。

  5. FT より:

    Intelが自社CPUをなんとかスマートフォンに使ってもらいたいのはわかるが、今から新OSは無謀すぎる。
    intelがスマートフォン市場にうってでるには自社でAndroidスマートフォンを作るしかないと思う。
    ただ、ネイティブバイナリのソフトが動かないのでやはりArmに対してはかなり不利。

  6. 匿名 より:

    製造業はソフトウェアのコントロール力は弱いし、箱だけ売っても結果は見えてる。
    無謀な戦いだな。

  7. パテントのロイヤリティでしか圧力をかけられないマイクロソフトはかなり窮地に陥ってるのかもしれません。
    デスクトップもアンドロイドに侵食されたとしても不思議ではありません。

    技術力の点で言えばほとんど差別化できないところまで来たのかも。

  8. パテントのロイヤリティでしか圧力をかけられないマイクロソフトはかなり窮地に陥ってるのかもしれません。
    デスクトップもアンドロイドに侵食されたとしても不思議ではありません。

    技術力の点で言えばほとんど差別化できないところまで来たのかも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中