crowsnest

CrowsnestはTwitterに流れるリンクから関心度の高い情報を表示してくれるニュースリーダー

次の記事

アマゾン、199ドルのKindle Fireで「Appleにキツイ一発」

以前に紹介したpixivのretime.meはTwitterのフォローをしているユーザーの多い人にとってみれば効率よく話題のニュースを見つけ出すのに有効だったが、どうやらその後の進化は見られなかった。だが、それに変わるサービスをスタートアップのRmakeがさきほどリリースした。Crowsnest(見張り台の意味がある)と名付けられたこのサービスはBlogopolisなんかを作ったエンジニアの浜本階生さんの手によるものだ。

Twitterに流れるストリームから人気のあるリンクを抽出してランキングして表示するというのがCrowsnestやretime.meの役割なのだが、Crowsnestがretime.meと違うのは、自分がフォローしているユーザーのツイートからリンクを集計するだけではなくて、全体のツイートから集計したリンクに対する言及頻度や自分がフォローしているユーザーの言及頻度、そして時間の3つの軸で表示の順位が決定されているところだろう。これによって、重要だと思われる情報や自分の関心が高い情報を効率よく見られるようになる。

これ以外にもGoogleリーダーと連携して、自分が購読しているフィードの中から、Twitterでの言及数が多いものをピックアップして読めるようにもしてくれる。また、検索機能やあらかじめ用意されたジャンルごとのタブもあり、ソーシャルフィルターとしてのニュースランキングサイトを実現している。iPhone、iPad、Android向けのサイトも用意されているらしく、それだけで好印象である。

Crowsnestはいわゆる自動的なキュレーションメディアとして機能するわけだ。僕らのように毎日大量の情報をチェックしている人たちにとっては有効なツールの登場だと思っている。今後も継続的に開発していくそうだから、その進化も楽しみだ。

“CrowsnestはTwitterに流れるリンクから関心度の高い情報を表示してくれるニュースリーダー” への1件のコメント

  1. 話題のあるツイートを見るのはあったと思いますが,自分のフォロワーの発言を集計してくれるのは今までのサービスではなかったような気がしています。そのためこういったものでフォロワーがどんなことをツイートしているのかがわかるのがいいと思うっ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在349人フォロワーがいます。