自分が今履いている靴を見せびらかすサイトToday's Kicks–Twitter上で人気

次の記事

ユーザフレンドリなキャプチャNuCaptchaがモバイルバージョンを提供

Screen Shot 2011-10-05 at 3.00.47 PM

毎日大量のスタートアップたちのお相手をしていると、解決を要する問題はすでにすべて解決されている。このうえ、さらに新しいWebサイトなんか必要ない。…という気持になってくる。でも、ちょっと待った!

First Round CapitalのパートナーPhineas Barnesと、一群のニューヨーカーたち(77massのAmanda Peyton、MessagePartyのJason Gavris、元ZapposのUX担当ディレクターBrian Kalma、Foursquareのビジネス開発ディレクターEric Friedman、TechstarsのデザイナーRebecca Zhouなど)が作ったToday’s Kicksは、”sneakerheads”(スニーカーマニア)のためのモバイル&Webのプラットホームだ。つまり自分の靴を見せびらかしたり、Twitter上で共有対話したいという人たちのたまり場。

自分が今履いている靴のスナップ写真をToday’s Kicksにアップロードする(上の画像は私の)…行き先がTwitterかこのアプリ本体かを指定する。Today’s Kicksはすべての画像をハッシュタグ#today’s kicksでまとめるので、ユーザはそれらを、Newest(最新)、Best(最良)、Mine(自分の)、Loved(いちばん好き)、などで検索できる。

Barnesがこのアイデアを思いついたのは、自分のスニーカーの写真をTwitterに投稿し始めたときだ。そのときは#todayskicksというハッシュタグを使ったが、けっこう人気ものになった。奇しくもFriedmanという彼と同姓の男がドメインをすでに買っていたので、二人で協力して、すばらしい靴を発見するためのサービスを立ち上げることにした。

Peytonによれば、Today’s Kicksの最終目標は、モバイルコマースのためのバーチカルビークル(vertical vehicle, 品目を専門化した物販サイトプラットホーム(ホワイトレーベル))になることだ。つまりユーザは、このアプリを買って自分のeコマースに利用する。ところで、YouTubeのHunter Walk氏のブローグ靴を見たことある? あのジープのキーは、誰が持ってるのかしら?

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))