KickSat:「DIY人工衛星を宇宙に送り出そう」(宇宙で「自分のもの」を飛ばすことができる)

次の記事

AppleはポストPC時代向けチップに、エンジニア1000人を投入している

Earth+Spritesスペース・オディティに胸を熱くした人もそうでない人も、300ドルで人工衛星を打ち上げられると聞けばつい興奮してしまうのではなかろうか。そんなことがどうして可能になるのか。ニューヨーク州イサカ(風光明媚なところだ)出身の青年が、搭載した太陽電池をエネルギー源として利用して通信を行う小さな装置を宇宙に送り出そうとしているのだ。送り出す装置は全部で300台程度になるとのこと。そして低軌道からの通信を行わせる。まるで宇宙スズメのように自分の位置をピーチクとさえずり続け、そして300ドルを支払った人のイニシャルもメッセージとして送り出してくれる。

プロジェクトページを見てみよう:

私たちの宇宙衛星であるSpritesのサイズは、切手数枚分というところです。しかしその小さなボディに太陽電池、無線装置、およびマイクロコントローラー(小さなコンピュータ)にメモリとセンサーを搭載しています。こうした機器は大きな宇宙船が搭載しているものをスケールダウンしたものということになります。ただ最初の宇宙船にできるのは、自身の識別名とほんの少しのデータを送信できるだけです。機能を最低限までに制限したスプートニクであるとお考え頂ければ良いでしょうか。将来的には温度計やカメラ等、必要なものを搭載していきたいと思っています。

衛星が軌道に乗れば、Gensoプロジェクトに参集するアマチュアたちも衛星からの通信を捉えるための手伝いをしてくれる。開発者の発言にもあるように、現在のところは最低限の機能しか持っていないが、将来的にはさまざまな機能が追加されていく予定だとのこと。

Kickstarterプロジェクトの最低調達目標額は30,000ドルだが、資金はいくらでも欲しいところだ。しかし自分のスプートニクが持てるというのなら、出資する楽しみが大いにあるとも言えそうだ。

詳細な情報はプロジェクトページに掲載されている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)