iPhone 4S予約、24時間で100万台を突破

次の記事

カーシェアリングサービスを提供するRelayRides、GMと組んでより効率的なサービスを提供へ

iPhone 4S

さて、こういうことだ。

iPhoneが新型の発表ではなく既存モデルのバージョンアップに終わったことで「失望」が広がっていると伝えられたものの、 Appleは依然として記録を破り続けている。

Appleが今日(米国時間10/10)、発表したところによると、iPhone 4Sの予約は最初の24時間で100万台を超えたという。前回のiPhone 4の発表の際の24時間で60万台という記録を大幅に塗り替えるものだ。

もっとも、これは予期されたことだ。iPhone 4は昨年単一モデルとしてもっとも多く売れた携帯であり、すでにAppleの全iPhone販売台数の半分以上を占めていた。これほどの成功にもかかわらずiPhoneは全携帯電話(スマートフォン以外を含む)の5%のシェアしかない。 そこでAppleはiPhone 4SでCPUの大幅強化カメラのバージョンアップ音声認識によるSiriアシスタントの導入などを行った。

効果あり、というところだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+