今度は中国に卓球をするロボットが誕生

次の記事

塩をひとつまみ加えてハードディスクの容量が18テラバイトに

China Ping Pong Robot

それは、日本にはすでにあるし、ドイツにもあり、ベトナムにもある。そして今度は中国だ。中国東部のZhejiang University(浙江大学)の研究者たちが、卓球をするロボットを完成させた。開発に4年を要したこの2体の人型ロボットは、ロボット同士または人間を相手に、卓球を対戦できる。

ロボットの名前はKongとWu、身長160cm、体重55kg、関節が30ある。120fpsのハイスピードカメラで分析すると、このロボットたちは自分に向かって飛んでくるボールに対して0.05〜0.1秒で反応し、2.5cmの精度で捉えることができる。

では、KongとWuの活躍をビデオで見よう:

出典: Plastic Pals

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在257人フォロワーがいます。