Galaxy Nexus(Android 4.0 Ice Cream Sandwich搭載)試用レポート

次の記事

旅行関連のディスカバリープラットフォームを運営するGogobot、モバイル分野にも進出を開始

8 Buttons

Ice Cream Sandwich(Android 4.0)の登場でAndroidは一変した。これまでのAndroidのアップデートの中で最大のものであるのは間違いない。

しかしソフトウェアの強化だけが今回の目玉ではない。GoogleはSamsungと共同でAndroid携帯の新しいフラグシップ・モデル、Galaxy Nexusを発表した。私はこの新しいハードとソフトを時間が許すかぎりテストしてお伝えしたい第一印象を山ほど得てきた。下にエンベッドしたデモビデオはネットで見つかる中で、いちばん詳細な情報を伝えるビデオだと思う。

デモビデオ:

ハードウェア

失業中のwebOS関係者に尋ねてみればいいが、いくら優れたソフトウェアも優れたハードウェアを得られなければ何の役にも立たない。幸いなことに、Galaxy Nexusは、少なくともわれわれがテストした限りでは―優れたハードウェアだ。それも並大抵でなく優れている。本当に優秀だ。デザインも今までのSamsung製品でベストといっていいだろう。Galaxy S IIの堅実なデザインにNexus Sディスプレイのかすかな湾曲を加えると―ジャジャーン!Galaxy Nexusだ。

横から見るとGalaxy Nexusはほんのわずかだが、涙滴型に下部が膨らんでいる。しかしGoogleの説明によれば、Motorola Droid X (や、さきほど発表されたばかりのDroid RAZR)とは異なり、下部が厚くなるデザインは人間工学的配慮に基づくもので、単にかさばる部品をここに配置したからではないという。Galaxy Nexusは下部がわずかに横にも広がっているが、これで外観が損なわれるようなデザインとはなっていない。

SamsungはSuper AMOLEDシリーズのディスプレイを驚くほど精力的に改良している。今回も手を緩めず改良が行われている。4.65″インチの大型ディスプレイのHD解像度はなんと1280×720(モバイルデバイスとして世界初という)だ。私がスペックを見たときに感じたのは「このスクリーン、でかすぎないか?」だった。

しかしそういうことはなかった。現在普通にみられる4.5インチ・スクリーンより特に大きくは感じられない。ボタンの配置が特に効いていると思う。今までのデバイスで多用されていた静電容量方式のハードウェア・ボタンをGalaxy Nexusは画面内に取り込んだ。そこで通常の使用時の画面の大きさは4.5インチディスプレイとほとんど同じになる。HD映画の再生など大画面が生かされる場面でのみボタンが隠されて4.65インチのディスプレイいっぱいにコンテンツが表示される。このオンスクリーンのボタン配置はIce Cream Sandwichで新設された機能なので、今後他のメーカーでの採用が期待される。

カメラの品質は(証拠になる写真をアップできなくて残念だが)、平均的だ。やや暗い室内でテストしたのだが、画質はがっかりするほど悪くもなく、感激するほど良くもなかった。

ソフトウェア(Android 4.0/Ice Cream Sandwich)

Ice Cream SandwichでAndroidはやっと「スマートフォンOSとしてそうあるべき姿」になった。

このOSを使ってみて、 Googleが処理パワー、柔軟性、使いやすさ、見た目の美しさを高いレベルでバランスさせることに初めて成功した製品だと感じた。Androidの処理能力は最初から強力だったが、見た目の美しさやユーザー体験がそれについていかなかった。
Ice Cream Sandwichは美しい。本当に美しいのだ。

妙に聞こえるかもしれないが、実は私はずっとタブレット専用のAndroid OS、Honeycombが嫌いだった。しかしIce Cream SandwichのビジュアルデザインはHoneycombをベースにしている部分が多い。たとえば全体に暗色を多用したデザインなどだ。タブレットの大画面ではこの暗いモチーフは陰気で気が滅入る。しかし小さい(4.65インチは携帯としては決して小さくないが)画面で見ると、シャープで引き締まった印象になっていた。

Ice Cream Sandwichの新機能一覧: 〔こちらの記事を参照

Ice Cream Sandwichは見た目に美しいOSに仕上がった。しかし―少なくとも現時点では―完璧に安定しているとはいえない。何度かクラッシュしたし、スライダーがフリーズしてはらはらする瞬間も何度かあった。Googleは私が試したのは少々古いバージョンだと説明したが」、いずれにせよ、Nexusの出荷までにはまだ数週間あるし、他のデバイスにアップデートが行き渡るのは何ヶ月も先のことだろう。その間にGoogleがバグを潰してくれることを期待した。

Androidのソフトウェアを見て本当に興奮させられたのはこれが最初だ。今後もIce Cream Sandwich関連のニュースをたくさん見ることになりそうだ。もちろんわれわれも正式出荷までにできるかぎり詳細な情報を得ようと努力する。続報を待たれよ。