Google+、ついにブランドや団体向けの「ページ」をサポート―検索とも連動

次の記事

デジタル写真を絵葉書にしてくれるSincerely、300万ドルを調達してホリデー用プロダクトも準備中

googlepluspage

Facebookのライバルとなるために必須の重要な要素がGoogle+に追加された。Google+ Pages〔ページ〕だ。これによって会社、ブランド、商品、場所、グループその他、ありとあらゆるユーザーがGoogle+に場所を得ることができるようになった。この機能は全体としてFacebookページによく似ているが一つ大きな違いがある。Google+ページには通常のウェブ検索機能との強力な連携が埋め込まれている。

Googleにとってここまでの道のりは決して平坦ではなかった。読者も記憶しているとおり、Google+が最初にスタートしたとき、Googleはブランドやブログの運営者などに対して、近々正式にページのサポートを開始する予定なので、その名義でGoogle+アカウントを開かないよう要請した。しかしGoogleの要請を無視するユーザーが続出すると(後から考えればわれわれTechCrunchも無視すべきだったかもしれない)、Googleは恣意的に例外を認め始めた。多くのユーザーが不満を口にした。われわれは人名めかしてアカウントを作ってみたが、あっさり削除されてしまった(もっともGoogleの上級副社長、Vic Gundotraはアカウントの一括削除は間違いだったかもしれないと認めた)。

それはともかく、Google+ページがついに正式オープンしたことは広く歓迎されるべきニュースだ。私はまだ自分でページを作ってみていないが、プロダクト担当副社長でGoogle+のボスの一人、Bradley Horowitzが私に何枚かのスライドで背景と使い方の概要を紹介してくれた。

最初にHorowitzはいくつかの数字を上げた。Google+はローンチ以来100日と少々の間に4000万のユーザーを獲得し、34億枚の写真がアップロードされている。ローンチ後も100を超える新機能が追加されたという。つまり滑り出しは順調だ。そこでページの話題に入った。

すでに個人でGoogle+にプロフィールを登録しているユーザーにとってはページの機能は見慣れたものだろう。フォロワーする相手をサークルに分類し、サークル別に共有する情報を選ぶことができる。ハングアウトというビデオ会議機能を利用して相手の顔も見ながら会話することもできる。またページはモバイル向けアプリから利用できる。

しかしGoogleはページに重要なひとひねりを加えている。 ページでは相手に先にフォローされて〔サークルに入れられて〕いない限り、相手をサークルに入れることはできない。つまりユーザーがそのページをフォローしていない限り、ページ側からユーザーにメッセージを送りつけることはできないわけだ。もう一つ重要な変更点は、ページ上のコンテンツはデフォールトで「一般公開」になることだ(個人アカウントの場合、デフォールトは「自分のサークル」になる)。またページは「拡大サークル」で共有することはできない。

しかし以下の機能には私は不満を感じる。ページには+1ボタンと「サークルに加える‘」ボタンが設置されている。「サークルに加える」ボタンを押すとそのページから情報が送られてくるようなる。それはよいが、+1ボタンは何の役に立つのか?ユーザー側から見ると別に何の役に立つようにも思えない。

なるほど +1ボタンを押せば、友だちがその情報を検索したときに表示されて推薦の役割を果たすということはあるだろう。しかしそれは+1ボタンを押すあまり大きな動機にはなるまい。この点を質問すると、Horowitzは「+1ボタンの機能にはまだ若干わかりにくいところがある。しかしユーザーが+1ボタンを押したときの反応については、われわれはまだ開発の途上にある。近くビッグな機能の追加があると期待してもらいたい」と述べた。またHorowitzは「運営者のウェブサイトにエンベッドされた+1ボタンとGoogle+ページの+1ボタンは連動している」と付け加えた。つまり読者がTechCrunch.comの+1ボタンをクリックしたのとTechCrunch Google+ページの+1ボタンをクリックしたのはまったく同じことになる。

しかし2つの+1ボタンが並存するのは大いにユーザーを戸惑わせるのではないかと思う。

そして最後に、もっとも重要な機能、この数週間噂になっていた検索との連動について説明しよう。何年も前からGoogleの高度な検索オプションには「+」演算子が提供されていた。これは「正確に一致する」結果だけを返してくる。ところが、Googleはこの演算子を将来廃止する予定だと発表して高度な検索のユーザーを残念がらせていた。

今日、その理由がわかった。 ユーザーがGoogleの検索窓で+TechCrunchと入力すると、TechCrunchページをサークルに加えるかどうかを尋ねてくる。これにイェスと答えると、以降、自動的にサークルに加えられる。+Harry Potter、+Androidなどとタイプすると(そのページが存在する場合)、自動的にフォローすることになる。これがもっとも自然な対応かどうかは疑問だが、Horowitzはこれはブランドの広告に効果的な機能だと指摘した。つまりFacebookの「いいね!」ボタンのように、映画の予告編のページの下の「+映画のタイトル」のようなリンクが表示されることになるのだろう。

これはGoogleが開発中ブランドへの直接コネクション(Direct Connect)機能の一環となる。企業がこの機能を利用するには、まずGoogle+ページを作成する必要がある。続いて(ブランドなり組織なり)関連するウェブページのソースにコード・スニペットを埋め込む。Googleのクローラがこのコードを読み取ると認証が行われ(これには多少の時間がかかる場合がある)、‘Google検索での+機能が有効になる。

Update: Googleページを作成できるのはまだ一部のユーザーに限られているようだ。自分のアカウントがページ作成をサポートしているかどうかはこちら〔日本語ページ〕からすぐに確認できる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+

“Google+、ついにブランドや団体向けの「ページ」をサポート―検索とも連動” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    Googleのエリック・シュミット会長は、来年から施行される「Korea Go Global」プロジェクトを通じて韓国のソフトウェアとコンテンツ発展にも積極的に協力するそうだ。Google+ Pagesも企業向戦略推進でFacebookに対抗かな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中