Adobeはなぜ失敗したか–Flash-Playerの敗退は歴史の必然だった

次の記事

血糖値測定器をiPhoneに直接つなげられるGlooko–糖尿病患者に朗報

【抄訳】
Flash iphone

編集者注記: ゲスト筆者のBen SavageはSpaceport.ioのファウンダで、ここはモバイルゲームデベロッパのためのJavaScriptとHTML5による、ネイティブ開発のためのプラットホームだ。

Adobeはモバイルブラウザ用のFlash-Playerの開発を中断した

これは、モバイルインターネットの歴史における、とても重要な瞬間だ。1997年から今日まで、Flash-PlayerはWebの重要な部分だった。派手なゲームやストリーミングビデオ、サウンド、ソケットなど、オンラインのWeb体験の重要で主役的な部位の多くが、Flash-Playerの技術を利用していた。

しかしそれでも、Flash-Playerは、モバイルWebという市場への参入に失敗した。

なぜ、そうなったのか? Adobeほどの技術力のある企業が、なぜこのハードルを越えられなかったのか? PCからモバイルWebへの遷移は、おそらく、インターネットの歴史のもっとも重要な変曲点の一つだろう。Adobeにとっても、無視できない価値を持っていることは、言うまでもない。疑問への答は、Flash-Playerの歴史そのものにある。

Steve Jobsも言ったように: “Flashはマウスを使うPCのために設計された”…まさにそうだ。Flashが作られた90年代には、設計の前提となるターゲットのプラットホームはPCだった。Flashは、デスクトップコンピュータのために設計された。高速なCPUと電源ケーブルのあるコンピュータだ。Adobeがモバイルで苦労した根本原因が、ここにある。

モバイルデバイスは、外部電源に接続されていないことが多い。小さな電池に依存し、一回の充電で数日は保(も)つ必要がある。そのために、携帯電話は、遅くて電力消費の少ないCPUを使う。最初のiPhoneのCPUは412MHzだった。1998年ごろの速いデスクトップのCPUが、それぐらいだった。つまり、CPUのスピードでは9年も後れている。AdobeのFlash-Playerには、とても対応できないハンディだ。

ご存じのように、Flash Playerは、グラフィクスをはじめ、あらゆる処理にCPUを使う。だからCPUが遅ければグラフィクスのパフォーマンスも遅くなる。

Flash-Playerのエンジン部分が作られた1997年には、コンピュータの中にCPUしかなかった。GPUとそれによるハードウェアアクセラレーションがふつうのPCにも普及するのは、2000年以降だ。

GPUの登場で、すべてが変わった。ハードウェアによるグラフィクスの計算は、ソフトウェアに比べて桁違いに速かった。しかもGPUは、複数の計算を並行して実行できた。最初のiPhoneは16の計算を同時に実行でき、最新のA5チップ(iPad2とiPhone 4S)は128の並行処理ができる。さらに重要なのは、同じ計算でもGPUのほうが消費電力が少ないことだ。

その後、OpenGLのようなグラフィクスの規格も、GPUを使用する高速描画を前提として策定された。iPhoneが”Infinity Blade”のような美しい3Dゲームを高速に動かせるのも、GPU革命のおかげだ。今日のモバイルデバイスのGPUは、正しく使えば実に強力だ。

ではなぜ、AdobeはGPUのパワーを利用できなかったのか? 答は、後方互換性だ。Adobeにとって、歴史が重荷だ。今Web上にある何百万というSWFファイルに対応するためには、Flash-Playerにそのバージョン1からバージョン11(最新バージョン)までの能力が必要だ。これと同じ問題が、Windowsを悩ませている。

Adobeは、GPUを利用できる新しいAPI(ステージ3Dなど)を導入したが、でも古いコードとの後方互換性を捨てることはできないので、既存のAPIの全体がGPUを利用することはできない。Flashデベロッパが既存のゲームでハードウェアアクセラレーションによるグラフィクスをやろうと思ったら、そのゲームを新たにリライトするしかない。

【中略】

AdobeはFlash-Playerプラグインで失敗しても、Photoshop、Illustratorなど、アート制作ツールでは今でも業界のベストだ。2Dのアートワークやアニメなら、Flash Professionalが文句なしにベストの選択だろう。しかもこれらのツールは、そのままでモバイルWebの制作に使える。

Flash-Playerプラグインの終わりは、歴史の必然だ。Flashの、あくまでもCPUを使うアーキテクチャは、モバイルデバイスと正面衝突して負けた。Adobeが舞台を去った今、新たな人気スターとして登場するのは、誰だろうか。

写真クレジット: Flickr/Adam Tuttle,

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))