Flurryレポート:携帯ゲーム販売額、Android + iOSが任天堂 + ソニーを上回る見込み

次の記事

Apple、バッテリー問題に対処したiOS 5.0.1をリリース

Chart_USportableGameRevenue_MarketShare_2009-2011-resized-600

巨星墜つ、ということなのかもしれない。モバイル調査分析ファームのFlurryが発表した新しいレポートによれば、2011年におけるiOSとAndroidのゲームの売上額が、任天堂およびソニーの合計を上回るとのことだ。

任天堂およびソニーは長らく、ポータブルゲーム界における主導権争いにしのぎを削ってきた。ゲーム市場で2009年、2010年と22億ドル、16億ドルの売上をあげてきた。しかし今年になって、両社の売上は合計して14億ドルになると予測している。この中、iOSおよびAndroidは19億ドルになるとのこと。

Flurryの予測が正しいとするならば、携帯電話上でのゲームが初めて従来型携帯ゲーム機を上回ることになる。FlurryはiOSおよびAndroidゲームの急伸を、安価なソフトウェアおよびスマートフォンやタブレットの普及が原因であるとしている。

携帯電話上でのゲームが専用機を上回るということについては、驚きを感じる人も多いだろう。しかしソニーや任天堂は、iOSやAndroidがPSPや3DSよりも優れた「エクスペリエンス」を利用者に提供しているのだということを冷静に受け止めなければならないだろう。もちろん開発者の質やハードウェアの性能というのは大切なポイントではある。しかしたとえばDisney MobileのAppMatesのような新しいコンセプトが生まれればすぐに映画とタイアップしたゲームとして実現することができ、特別な連携を行うこともできるのだ。また簡単すぎるほどに簡単なRovioのAngry Birdsのようなゲームでも、ユビキタスな環境を実現することで、大きな人気をつかむことができることがよくわかった。

こうした事実があるにも関わらず、任天堂は携帯電話によるゲームには相変わらず否定的な態度をとっている。任天堂の岩田聡社長は今年9月、任天堂がスマートフォン用のゲームを作ることは検討もしていないと明言している。3DSの価格引き下げを行わざるを得ず、その後50%の給与カットを余儀なくされた人物として、この面でそれほどまでに強硬な物言いをするのは少々おかしなことに感じる。

また、任天堂との協調路線をとっていた企業の任天堂離れという現象も起こってきている。たとえばLevel 5はProfessor LaytonシリーズをiOS版でもリリースすることを決め、スクエアも既存RPGゲームのいくつかをAndroid版でリリースすることにしている。

ソニーの方は、任天堂との比較で言えばモバイル環境について柔軟な姿勢をとろうとしているようにも見える。PlayStationブランドと連動するXperia Playもゲーム専用機とモバイルゲーム環境の融合をはかるものと言えよう。また間もなく発売となるPlaystation Vistaには3G無線通信機能があり、複数人でゲームを楽しむこともできるようになっている。

ただ、スマートフォンに流れ始めたモバイルゲームのトレンドは一層加速していくのではないかと思う。まずスマートフォンが広く普及しつつあることが原因のひとつだ。また価格面の魅力もある。従来のゲーム専用機ではゲームソフトウェアの値段も30ドル程度だった。スマートフォンでは99セント程度の低価格から商品を提供できる。これは商品のヒットを目指す開発者にとっても魅力的な話だ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

“Flurryレポート:携帯ゲーム販売額、Android + iOSが任天堂 + ソニーを上回る見込み” への12件のフィードバック

  1. Ko より:

    アホンのゲームで満足してるとかアホ

  2. 788 Ttk より:

    さようならゲハード人
    君たちはいい友人だったが、そのお父上がいけないのだよ

  3. スマホやソーシャルゲームはアホを発見する触媒じゃないんですよ

  4. スマホやソーシャルゲームはアホを発見する触媒じゃないんですよ

  5. CD1枚を買っていた時代から、1曲づつダウンロードして買うライフスタイルの変化があるけど、
    ゲームも1本買う時代から、TPOにあわせて1ドルで買う時代に、ちょうど変わっている瞬間だと思う。

    本格的なゲームソフトのフリーミアムモデルに適合できるかどうか?
    ハード主体の稼ぎ方は、とても厳しい証明で、ハード自体がコモディティ化している。
    モバイルソフトで利益を上げるプラットフォームは、Denaやグリーが独占しているので、
    この2社は相当に苦しいと思う。

  6. 匿名 より:

    経営者が優秀で上手くいっている企業からは、持続的なイノベーションは生まれるけど、業界の地図を塗り替えるような破壊的イノベーションはそう何度も生まれないのかもしれない。破壊的イノベーションが現れるのは、持続的イノベーションの結果、性能が顧客の求める水準を越えてしまった時が多く、Wiiの時は破壊的イノベーションの流れに乗れたけど、スマホのシェア拡大時には逆の立場になってしまった感じを受ける。

    ただ、任天堂やソニーもソーシャルゲームを真似てくるだろうし、スマホのゲームが長期間ヒットを飛ばし続けられるかもちょっと疑問。無料を売りにしたCMも禁止されてきたので、ソーシャルゲームも今のような成長は、難しくなったような気もする。また、DeNAがプロ野球に進出すると、ユーザーが更に低年齢化するだろうし、射幸性の高いゲームや課金が更に社会問題化しないだろうかということも気になってる。

  7. 匿名 より:

    経営者が優秀で上手くいっている企業からは、持続的なイノベーションは生まれるけど、業界の地図を塗り替えるような破壊的イノベーションはそう何度も生まれないのかもしれない。破壊的イノベーションが現れるのは、持続的イノベーションの結果、性能が顧客の求める水準を越えてしまった時が多く、Wiiの時は破壊的イノベーションの流れに乗れたけど、スマホのシェア拡大時には逆の立場になってしまった感じを受ける。

    ただ、任天堂やソニーもソーシャルゲームを真似てくるだろうし、スマホのゲームが長期間ヒットを飛ばし続けられるかもちょっと疑問。無料を売りにしたCMも禁止されてきたので、ソーシャルゲームも今のような成長は、難しくなったような気もする。また、DeNAがプロ野球に進出すると、ユーザーが更に低年齢化するだろうし、射幸性の高いゲームや課金が更に社会問題化しないだろうかということも気になってる。

  8. 匿名 より:

    経営者が優秀で上手くいっている企業からは、持続的なイノベーションは生まれるけど、業界の地図を塗り替えるような破壊的イノベーションはそう何度も生まれないのかもしれない。破壊的イノベーションが現れるのは、持続的イノベーションの結果、性能が顧客の求める水準を越えてしまった時が多く、Wiiの時は破壊的イノベーションの流れに乗れたけど、スマホのシェア拡大時には逆の立場になってしまった感じを受ける。

    ただ、任天堂やソニーもソーシャルゲームを真似てくるだろうし、スマホのゲームが長期間ヒットを飛ばし続けられるかもちょっと疑問。無料を売りにしたCMも禁止されてきたので、ソーシャルゲームも今のような成長は、難しくなったような気もする。また、DeNAがプロ野球に進出すると、ユーザーが更に低年齢化するだろうし、射幸性の高いゲームや課金が更に社会問題化しないだろうかということも気になってる。

  9. Taco Ex Machina より:

    世界のNintendo、世界のSONYと言われた、日本が誇る戦艦大和が沈没していく様は見たくないものですね。
    ただ、時代性や世界の潮流を見逃してしまっている両企業は、この現実を重く受け止めなければ、沈没してからサルベージもされないだろう。

  10. FT より:

    とうとうゲーム専用機と言ってられない時代が来てしまうのか。
    Vitaはスライド式コントローラで電話機能付きのAndroidベース機にしといたほうがよかったかもね。

  11. 売り上げ的にはそうゆう流れなんだろうし、スマホ自体を否定するつもりも毛頭ない。かと言ってスマホ一色のゲーム業界では魅力半減。色々なきゃつまらないし、ゲームもライフスタイルもスマホの型にはめられるのだけは勘弁。あと、メーカーの動向をスマホに都合の良いように解釈しすぎ。

    • guest より:

      さて、あなたはここで、SONYはPSP、任天堂はDSしか、引き合いに出されていない事を、頭の隅に置いておかなければならない。

      PS3は? Wiiは? さぁ、まだまだ未来はある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中