モバイルFlashの死因をAdobeの社員がブログで語る–すべての道はHTML5へ

次の記事

ジャック・ドーシー:「起業家にとって一番難しいのはスタートを切ることだ」

adobe2

Adobeのモバイル用Flashは最近、恐竜(絶滅種)の化石の仲間入りをしてしまったが、主席プロダクトマネージャのMike Chambersは、Adobeの発表の仕方が気にくわない。彼は、あまりにもアタマにきたので、彼独自の見解を世の中に発表した。

“われわれが「何」をすべきかは、非常に明快だったが、それをやってる過程で、「なぜ」それをしているのかについて、十分な注意を払わなかった”、今日のブログで彼はこう言っている。たしかに、Adobeの公式声明は、かなり唐突だった。そろそろ、みんなの気持も落ち着いてきたころだと思うから、Adobeなぜ急にプラグを引っこ抜いたのか、考えてみよう。

そう、まず第一にAdobeは、Flashはスマートフォンの世界で、PC上で享受していたような遍在性に到達できない、と悟った。Adobeが発表した数字では、同社のFlash Playerはなんと!、インターネットに接続できるPCの99%にインストールされている。これに対して、スマートフォン上の普及率は、相当さびしい

誰にとっても自明なことだが、そうなった大きな原因がiPhoneだ。Steve Jobs一家がFlashに完全に背を向けてからは、そのほかのスマートフォンがFlashを載せていくとデベロッパはつねに、二つの敵対する勢力のためにアプリを作っていかなければならない。そしてそこに、HTML5方向に舵を切るという、Adobeの選択が生まれてくる。

モバイルのブラウザは最近、非常に強力になっている。昔のWAPのお粗末な画面とは、比べものにならない。しかも、メジャーなモバイルブラウザの軍団がこぞってHTML5をサポートすると、そこへ無理やりFlashを押し込もうとする努力は、骨折り損のくたびれもうけに終わるだろう。Chambersはこう書いている: “モバイルデバイスの上ではHTML5が、Flash Playerがデスクトップ上で提供したような遍在性を提供する。モバイルの多様なプラットホーム上でリッチなコンテンツを作って配備するための技術としては、それが最良である”。

またモバイルでは、コンテンツの消費のされ方が違う。ユーザの頭の中には、スマートフォン==アプリ、という概念が固着している。だから、ゲームをしたければ、アプリストアへ行ってゲームの”アプリ”を手に入れる。ブラウザを開いてゲームのWebサイトへ行き、Flashというものを使えばゲームができる、と知っているユーザはほとんどいないだろう。特殊なサイトを利用する特殊なユーザ以外は。

さらに、マンパワーの問題もある。Adobeはかなり前からHTML5のファンで、しかもモバイル上でその勢力は日増しに強くなっている。だから、大勢の技術者たちを、(1)OSやその構成ごとに調整を要する、(2)しかも彼らが願ったほどには普及しない、製品に向けるのではなく、HTML5の開発に向けたほうが得策である。

だから、こうなった。モバイルFlashは静かに舞台を去ったが、それは、これ以上いても、意味がないからだ。Adobeは、もっと大きくてベターなものに挑戦しなければならない。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“モバイルFlashの死因をAdobeの社員がブログで語る–すべての道はHTML5へ” への12件のフィードバック

  1. ものぐさ父さん より:

    会社の説明と何が違うのかよくわかりません。
    こうなることがわかっていたのなら、悪あがきしなければよかったのに。

    • Nanashi より:

      結局モバイルの世界では何一つとして形にはならず、延々と無駄なことをしてきたわけですよね。

      昔からそう思っている人もたくさんいたと思うのですが、この問題では、どういうわけかApple批判ばかりが先走り、Appleが悪人にされ、なにがどうであれ、なにがなんでもFlash擁護する俺たちが正義!というキチガイジミタ思想が蔓延したんです。そしてAdobeもそれに乗っかった(We Love Apple)。

      こうなった原因の半分は、冷静になれず、なんであれAppleとなれば条件反射的に信者がどうたらといっては叩きまくった自称「僕ちゃんお利口ちゃん」連中にあるのです。

      • ものぐさ父さん より:

        iPhoneとAndroidを比較する雑誌記事には、必ずと言っていいほど「Flashが見れない」と勝ち誇ったように書かれていましたね。実際のところ、そのコメントがどういった意味があったのかも検証して欲しいところです。この記事を読む限りでは、まともに動くモバイルFlashプレイヤーはなかったことになるけど…

  2. Vipper36 より:

    あくまでもベクタ動画形式であることを追求すれば、まだまだいけたような…SVG animationはあるけども
    3DCG製作ソフトウェアを持ってないせいで、3D対応が遅かったのが敗因ですかねぇ
    C4Dを買収してれば…

  3. 古閑 洋 より:

    まあ、いずれにしても、今年もアドビの売上は絶好調で、過去最高の11億ドルという第4四半期であり、それでも750人リストラ予定という恐ろしい会社なのである。過去にも、売上記録更新したタイミングで大量リストラして、翌年は新規事業に集中して一時的に売上落としても、その翌年には余裕のV字復活みたいなことをする会社。普通の会社なら、こんな風に方針転換するだけで大変だよ。色んな意味で、怖い会社だ...orz

    • ものぐさ父さん より:

      古閑さんのこのコメントとkatsumosさんの「Adebe絶対やばいよ」、どっちもそうかなって思ってしまいます。
      来年以降どうなるか楽しみです。

  4. nekoavip より:

    はじめまして
    ねこ速@VIPというブログをやっている水月と言います
    よろしければ相互リンクしていただけないでしょうか?
    内容はツール、マンガ、アニメ、その他ニュース等です
    検討のほう、よろしくお願いします
    サイト名:ねこ速@VIP
    URL:http://nic.chu.jp/
    RSS:http://nic.chu.jp/feed/

  5. Cito7799 より:

    モバイルFlashに関するジョブスの批判は、全く的を得たものであったと、今でも思ってます。ジョブスは言ってたよね、Adobeにもっとましな物を作れと言ったが、連中は作ってこなかったって。それどころか、今やFlashは、PCの世界でもろくでもない物に成り下がってますよ。とにかくセキュリティの穴だらけで、うんざりを通り越すほど頻繁にアップデートしなきゃならない。見た目なんにも動いてなくても、Flashコンテンツが表示されていだけで、確実にCPUを数%消費していて、バッテリーの持ちが格段に悪くなる、etc…
    Flash開発者には悪いが、少なくてもモバイルでこの実りない議論が収束することには拍手を送りたい。

  6. katsumos より:

    世間の流れがHTML5だからという言い訳は楽観的すぎで、モバイルFlashをまともに完成させられなかったと考えると事はもっと重大でAdobe大丈夫?と思ってしまいます。
    だって、もっと軽くてバグもなくてPC用Flashと遜色無い機能が提供されていればFlashでいいもん。
    新しくHTML5覚えなくていいし。
    Adobe絶対やばいよ。

  7. Hironori Narushima より:

    プラットフォームを巡る争いには敗れたものの、アニメ制作ツールとしては優秀なので、そっちでがんばれ。

  8. Flashの次がHTML5+JavaScript+CSS3と言われているが、いまだブラウザゲームはFlashメイン。私もそんなところのエンジニアだが、まだまだHTML5はきていない。モバイルはHTML5ではなくネイティブで十分。

  9. 渡瀬吉朗 より:

    Adobeに限らず、みんなHTML5に経営資源を注力しなければならないんだよね!いち早く見越したジョブズはやっぱり、すごいんだよなぁ・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中