iTunes Match、本日公開(米国のみ)

次の記事

Techonomy:ドリームワークスのカッツェンバーグ、「CGアニメのレンダリングを50倍高速にするテクノロジーを開発中」

予定通り、iTunes Matchが今日(米国時間11/15)公開のiTunes 10.5.1と共にやってきた。iTunesのアップデートはここからダウンロードできる。ご存じない方のために書いておくと、iTunes MatchはAppleの新しいサービスで、iCloud上に自分が保存した曲すべてを合法的にアクセスできる ― 元々iTunesで買った曲でなくても。年間25ドル払えば、iTunes Matchがあなたの音楽コレクションをiTunesカタログと照合してくれる。カタログには現在2000万以上の曲が入っている。

理論上、iTunes Matchの目的は、ユーザーがCDから自分のライブラリーに取り込んだ曲と照合することだが、現実には、不法コピーした曲も年25ドルで合法化されることになる。さらに、インディーズや地元のバンド、DJなど〈i-ユニバース〉の外に住む曲をたくさん持っている人のために、iTunes MatchはそれらのMP3もiCloudにアップロードしてくれる。ひとたびiCloudに入れれば、楽曲はどのデバイスにもストリームすることが可能で、音質は256 Kbps AAC DRM無し ― これは、元の不法コピー購入された曲が低音質であってもそうなる。

iTunes MatchはiTunes 10.5.1に追加された新機能のうちの一つで、他にもiCloudサポートが組み込まれた結果、ユーザーが所有する全Appleデバイスで、再ダウンロードや購入の必要なしに、曲やアプリや本をアクセスできるようになった。過去に購入したコンテンツであっても、どのデバイスにでもダウンロードできる。

iTunesのアップデートはすでに公開中だが、iTunes Matchが利用できるのは米国のみだ(世界のみなさんゴメン)。利用するにはiTunesがインストールされた後にサービスを有効にする必要がある。

P.S.
iTunes Matchが行っていることを「ストリーミング」と呼べるかどうかという議論覚えている方へ。現在Appleが同社サイト上で「ストリーミング」という言葉を使ってサービスの説明をしているのが興味深い。「ひとたびあなたの音楽がiCloudに置かれたら、あなたのどのデバイスにでもストリームして保存することができます・・・」

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在380人フォロワーがいます。