google plus
Google Music

Google Music、アメリカで一般公開―Google+で曲全体を共有できる

次の記事

最近仕事を見つけた人の6人に1人はソーシャルネットワークのおかげという

googmusicshot

今日、GoogleはThese Go To 11イベントでGoogle Musicを一般公開した(招待制のプライベート・ベータはこの夏から開始)。

Google Musicはユーザーが手持ちの楽曲をアップロードしてあらゆるデバイスでストリーミング再生できるようにするサービスだ。一つ朗報がある。Googleはベータテストを開始した際に、ベータ終了後は有料サービスにするとしていたが、無料のまま継続されることになった。ユーザーは一切無料で2万曲までアップロードできる。

またGoogleはMusicの最大の欠点を修正した。今後は何百万曲もの楽曲Android Marketから購入できるようになった。購入前に90秒の試聴ができる。

またGoogle+との強力な連携機能も組み込まれた。購入した曲をGoogle+で友だちと共有できる。友達は新たな購入や登録の必要もなしにGoogle+内から全曲を聞くことができる。これは大きい。

Update: 今Google+の音楽共有機能を試してみたところだが、 一つ制限があるのに気づいた。曲を通して聞けるのはサークルに入っている相手だけだった。誰かがあなたをサークルしている(つまりフォローしている)が、あなたがその相手をサークルしていないない場合、相手は曲の冒頭しか聞くことができない。

新しいGoogle Musicはmusic.google.comからすでに利用可能だ〔当面アメリカのみ〕。Androidアプリのアップデートも数日中に行われる予定。

参加しているレーベルは、Universal、EMI、Sony Music、参加していないメジャーレーベルはWarnerだ。ioda, The Orchardその他多数のインディーも参加している。

Google Musicのプロモーションのために、Googleは大物アーティストと契約して楽曲の独占提供を受けている。この中には無料の曲も含まれる。独占提供にはRolling Stones、Coldplay、Busta Rhymes、Shakira、Pearl Jam、Dave Matthews Bandなどのビッグ・アーティストが入っている。

Stonesは今後コンサートの未発表ライブアルバムを6枚リリースする予定。年内に最初のアルバムが発表され、2012年の残りの5枚が順次発表される。BustaRhymesは新アルバムをGoogle Musicに独占提供するという。

続報取材中

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+

“Google Music、アメリカで一般公開―Google+で曲全体を共有できる” への5件のフィードバック

  1. guest より:

    JASR◯Cはそんなこと許しません、なんたってJAS◯ACですから。

  2. guest より:

    JASR◯Cはそんなこと許しません、なんたってJAS◯ACですから。

  3. guest より:

    JASR◯Cはそんなこと許しません、なんたってJAS◯ACですから。

  4. guest より:

    JASR◯Cはそんなこと許しません、なんたってJAS◯ACですから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中