12歳の子どもが独学でプログラミングをおぼえ, ついにiPhoneアプリの会社まで設立

次の記事

Webに七つの大罪あり, われわれはみな罪人なり

Screen shot 2011-11-17 at 3.51.20 AM

このビデオが投稿されたのは約10日前だが、今もヴァイラルに広まりつつある。どうして、そう言えるのかって? ヴァイラルである証拠は何? 単純ですよ。ぼくのママがメールで教えてくれるWebサイトやYouTubeのビデオは、だいたい世の中でヴァイラルに広まりつつあるやつ(彼女は決して新しもの好き(early adopter)ではない)。しかも、TED Talksがヴァイラルに広まることは、ふつうはない。こんなに速く、それもYouTubeで。ビューワの数はすでに100万に近づいている。

TED Talksというのは、つまり、世界の動向や時事問題について、あるいは将来の世界のあるべき姿について、二つのビデオサイトで勉強しようと思ったら、TED TalksとKhan Academyできまり、という、シリアスな学習サイトだ。

なぜそれが、”ヴァイラル”と関係あるのか? それは、TED Talksの最新号に、Thomas Suarezという12歳のアプリケーションデベロッパが登場して、彼の生活や、若くしてプログラミングを始めた動機などについて、話しているからだ。彼が世界で一番若いプログラマではないだろうし、神童的に超優秀というわけでもない。でも、この歳にしてはとてもしっかりしており、スピーチがなかなかうまい、実際に何かを”創って”いるし、そのついでに、友だちと先生にテクノロジについて教えているのだ。

Steve Jobsと両親とAppleのSDKのリリースが刺激になって、彼はプログラミングを開始し、”まずその基礎を勉強するために”、PythonとJavaとCを学んだ。彼が作っているのはiPhoneのアプリで、Bustin Jieberという名前、モグラではなくアイドルのJustin Bieberをぶったたく、もぐらたたきゲームだ。それを聞いてすばらしいと思わなかった人は、どこか人格に欠陥があるね。彼はCarrotCorpという、自分の会社まで作ったんだぞ。

彼はビデオの中で、今では生徒のほうがテクノロジに関する情報の、価値ある情報源になりつつある、とくに先生たちにとって、と言っている。だから学校の学科にテクノロジを取り入れ、そのカリキュラム作りを生徒にアシストさせよ、と。

彼のこんな話を聞いた若い世代が、プログラミングに興味を持ち、新しいテクノロジ作りに参加してくるといいよね。アプリも、できれば、現実の中の難しい問題の解決に挑戦してほしい。SuarezとBustin Jieberの例を見ると、今やアプリケーション開発、プログラミング、アプリのデザインなどが、若者や、大学でコンピュータ科学を専攻しなかった人たちにも、できるスキルになりつつあるようだ。彼のアプリがそんなにすごくなくても、12歳で自力で始めたことが重要だ。アメリカはもはや、”何も作り出さなくなった”、なんてよく言われるが、世界中でThomasのような子が増えれば、世界全体が今よりずっと良くなると思うね。

というわけで、問題のビデオがこれだ:

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“12歳の子どもが独学でプログラミングをおぼえ, ついにiPhoneアプリの会社まで設立” への9件のフィードバック

  1. 鈴木東吉 より:

      う~ん、驚いた。まるでハーバード大学のサンデル教授Jr.だ。ところでアリストテレスは『弁論術(修辞学)』の中で①「話し手の人柄(この人は信用できるという)に係った説得」②「聞き手の状態(感情)に訴える説得」③「言論そのものに係っている説得」という三種類を挙げているが、とにかく日本人には「このような類型の人間」が昔から少ない。白州次郎(ケンブリッジ大卒)くらいだろう。しかもiPhoneやiPad片手に朗々と解説されたんでは敵わない。しかしながら、(ねたみ・ひがみからか?)何か白ける、面白くない、魅力に欠ける・・・この原因は、西洋と東洋の伝統=宗教と文化の違いからくるものであろう。とは言え、自分は英語が苦手で現地で鍛え修行するには遅すぎる。そう言えば、あの吉田松陰や坂本龍馬は外国に行って学びたいという情熱が人一倍強かった。龍馬は勝海舟の下で軍艦=汽船の操縦術を学び、その仲間を中心に海援隊を組織して貿易商社=亀山社中(土佐藩の創業代理店)を作り、武器弾薬を扱って犬猿の仲にあった薩長の軍事同盟を実現させた。(専門家技術者グループの団結の勝利!)あ、そうか!これだ。欠けているのは男の人間的魅力=「社会を動かす意思と情熱」なのだ・・・まあ、そうは言っても自分はしょせん「B級グルメ」、「B級人間」。こうやってツイートして憂さ晴らしをして生きていくことになろう・・・あ、だいぶ本論から脱線してしまいました。ゴメンなさい。この辺で失礼します。

  2. 774 より:

    自分もプログラミングを覚えようと思ってるけど、こういうものって、金の問題なのかな…
    自分の惨めさがわかった…まだまだ子供だ。。。

  3. たつや より:

    12歳とは羨ましい。私は17歳の時初めてマイコンに触れました、現在46歳、独学でiPhoneアプリ開発に挑戦中です。

  4. shigeru sato より:

    iPod, iPhoneアプリ開発の勉強、最近全くやってないなぁ… これはイカン。買った本がもったいない。そろそろまたプログラムするか。

  5. Time Tripper より:

    世界全体が今よりずっと良くなるとは到底思えいが、この年でバーチャルな世界に入信するのは如何なものかと思う。もっと沢山学ぶべものが実世界にあると思うよ。それからでも遅くはないぞ。

  6. Guest より:

    12才で独学でプログラミングをおぼえ, iPhoneアプリを開発というなら別にどうという事はないが、大人のサポート無しの全て自力で会社まで設立ならすごい。

  7. touyou _ より:

    俺と地味に最初に覚えた言語も同じ、Androidからアプリ作り始めたのも同じ、作り終えたのも15歳とほとんど変わんないようなもん。

    だけど唯一決定的な違いはそれで起業してしまうこと。それだけの違いでありながら、これほどの違いが生まれるのは本当にすごい・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在350人フォロワーがいます。