Ice Cream Sandwich

Androidの最新版、Ice Cream SandwichはユーザーにGoogle+加入とクレジットカード情報の入力を勧める

次の記事

Appleが中国における環境汚染の不安に応える

joingoogle+

Googleの最新Android OS、Ice Cream Sandwichに、一見すると小さく見えるかもしれないが、最終的にきわめて広汎な影響を及ぼしそうな変更が加えられた。これはUIの改良などとは比べ物にならないインパクトを秘めている。

ICS携帯にGoogleのアカウント情報を入力すると(つまりユーザーのほとんど全員ということになるが)、Google+への登録とAndroid Marketで買い物をするためのクレジット・カード情報の入力を勧めるプロンプトが出るようになった。

繰り返すがこの影響は大きい。Android携帯は毎日55万台が新規登録されている。しかもその成長は加速を続けている。つまり今回の措置でGoogle+のユーザーが大幅に増えることになるのは間違いない。単に登録者が増えるだけでなく、GoogleがAndroidにGoogle+の新機能の導入を続けていけば、やがて実際の利用時間も増えていくだろう。

クレジットかーど情報の入力も大きい。Android Marketはもちろん何年も前からGoogle Checkoutを利用したクレジット・カードでの支払い受け付けている。しかし携帯を使い始めたときにGoogleアカウント情報と同時に入力を促せば今までよりはるかに多くのユーザーがクレジットカード情報を入力するようになるだろう(そうでないとAndroidMarketで有料アプリを見かけても肩をすくめて無料アプリだけダウンロードすることになりかねない)。Googleがユーザーのクレジットカード情報を取得していれば、ChromeウェブストアやGoogleウォレットのような有料サービスにユーザーを引き入れるのもはるかに容易になる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中