専門家評価ではさんざんながら、消費者人気で第2位の地位を獲得したKindle Fire

次の記事

Microsoft、KinectにWindows向け専用デバイスを準備中―50cmで作動する近接モードをサポート

22-percent-kindle-fire

最新のChangeWave Researchによるカスタマー調査によると、AmazonのKindle FireがApple iPadの現実的ライバルとして成長してきているようだ。タブレット購入を考える5人のうち1人(22%)が、Kindle Fireを買うつもりにしているという。iPadの登場以来、iPadに継ぐ第2位が2桁以上の指示を集めることはなかった。Kindle Fireは確かに消費者の心に訴えかけるものを持っているようだ。

この調査は2011年11月、北米に住む消費者3,043人に対して行われたものだ。調査対象となった人々がこれまでのタブレット購入実績ないし現在および将来の購入予定についての質問に回答している。その結果によれば2%の人が実際にKindle Fireを注文しており、5%が「買いたい」、12%が「どちらかと言えば買いたい」と回答している。

こうした調査の常として、実際の購入トレンドと調査結果が一致しないということはある。ある製品を欲しいと回答するのはやさしいが、実際に財布の紐を緩めて支払いをするまでには多くの障壁があるものだ。しかしそうは言っても、「Amazon」や「Kindle」といったブランドが消費者に広く受け入れられている証拠とはなる。

ただ、Amazonにとって、Kindle Fireを広く販売することで、同社の知名度を危険に晒すことにもなってしまうようだ。と、言うのもKindle FireはNew York TimesのDavid PogueWall Street JournalのWalt MossbergThe EconomistWiredEngadget、およびThe Vergeなどさまざまのメディアから、否定的なレビューを受け取ってしまっているのだ。ソフトウェアは洗練されておらず、動作も鈍重だとの評価が下されている。

具体的にはPogueは、「指でスワイプするたびに$200ドルという価格を実感することになる」という厳しい評価を記している。Mossbergは何センテンスかを費やして次のように述べている。

簡単にまとめておくと、Kindle FireはiPadの最低価格機($499)と比較して処理速度で劣り、利用範囲も広くない。アプリケーションの少なさ、画面の小ささ、保ちの悪いバッテリー、動作の遅いウェブブラウザ、約半分しかない内部記憶装置、そしてカメラもマイクも付いていないということで不満を感じさせられる。それに加えてインタフェースもAppleのような流麗さがなく、ごつごつとした、欲求不満を感じるものになってしまっている。

要するにぼろぼろな評価をされてしまっている。

しかし、Kindle部門Vice PresidentのDave Limpによると、Kindleは全Amazonプロダクトの中で最も売れている商品であるとのことだ。

Kindle Fireを実際に手にした人のうち、どのくらいの人が返品を行ったり利用をやめたりするのだろうか。あるいは価格を考慮して「こんなもの」と考える人が多くを占めるのだろうか。

Kindle Fireを購入してそれを後悔する人が多くなれば、将来的にAmazonブランドは傷ついてしまうこととなる。ChangeWaveも記しているように、iPadがタブレット市場をほぼ独占しているのは、顧客満足度が非常に高いおかげでもあるのだ。iPod所有者のうち74%が「非常に満足」と述べている。他メーカー製タブレットについて、「非常に満足」と回答しているのは49%に過ぎない。

尚、この11月の調査では、ホリデーシーズンを控えていることもありタブレットに対するニーズは大きくなっているようだ。回答者の14%が今後90日以内にタブレットを購入すると回答している。これは8月調査時に比べて8ポイントアップとなっている。購入予定タブレットをみてみると、Kindle Fireが期待を集めて伸びてはいるが、やはりトップはiPadだ。65%がiPadを購入する予定だと回答し、Kindle Fireを考慮中としたのは22%に過ぎなかった。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

“専門家評価ではさんざんながら、消費者人気で第2位の地位を獲得したKindle Fire” への4件のフィードバック

  1. IMO より:

    各所で否定的なレビューばかりのKindle Fireですが。

    MG Sieglerも駄目出しだったし、クランチのレビューを楽しみにしていましたが、消費者調査とやらが上がるのを待ってた訳ね。相変わらずAmzonとGoogle(Android)に対する擁護は、とても手厚いな。

    • いけも より:

      個人的には特にAmazonやGoogleを擁護してるようには見えませんが…
      むしろAndroidについては他のメディアと違って厳しい意見も出しているように見えます。

      • IMO より:

        けなすばかりになりそうな物は、最初から扱っていないように見える。
        例えばAndroidではないがChrome Bookとか。

  2. ゲスト より:

    けなすというか擁護するというか、他の意見をまとめただけで自分の意見を言ってないような。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中