Kindle Fireはどこが良くって飛ぶように売れているのか?

次の記事

ついに「物」がインターネットアカウントを持ってコミュニケーションする–Twineはその前兆

【抄訳】
Kindle fire

2週間前にKindle Fireが発売されたときの、評価はまちまちだった。Uncle Waltは、グッドだけどグレートではない、と言った。The New York TimesのDavid Pogueは、”とろい”と酷評し、”洗練とスピード”に欠ける、と言った。しかしKindle Fireは今でも飛ぶように売れている。iPadと比較して低評価する人たちもいるが、しかしそれは間違った見方だ。Fireは傑出したメディアタブレット(メディア消費専用機)であり、いくつかのことを、とても上手にやる。それを、これから説明しよう。

Kindle Fireは、この2週間使っている(子どもや妻が別の部屋へ持ち逃げしていないときだが)。だから、最初のテストには合格だ: 家族がそれをめぐって争う。Fireは、子どもにも合格、そしてママのお墨付きだ。子どもたちは、Fruit Ninjaに初めて夢中になっている。iPadが好きな2歳の子でさえ、Kindle Fireに目を付け、ママが部屋からいなくなる(自分がFireにさわれる)ための口実を、あれこれ考えている。でもその口実も、なかなか成功しない。妻は、Joan Didionの最新作をFireで読んでいるからだ。夜、みんなが寝静まったら、ぼくはベッドサイドテーブルからこっそり盗んできて、Arrested Developmentの昔の放送を見ている。

Kindle Fireは、本や映画やテレビ番組、音楽、雑誌、アプリなどのデジタルメディアを見つけて消費することを目的に、作られた製品だ。だからiPadのように多機能ではないが、しかしそれでも、絞り込むことに十分な価値のある分野だ。それらの機能を、一つ一つ見ていこう:

読むこと

iPadとではなく、ほかのKindleと比べるべき。画面の反応は素早いし、E inkのちらつきもない。単純に本を読むだけでも、従来のKindleよりはKindle Fireが良い。またサイズが適切なので、eリーダーとしての使いやすさは、iPadに優る。

視ること

画面は小さいが画像はシャープで、ビデオビューワとしては優秀。それに、AmazonのInstant VideoはHuluやNetflixなどよりもお得だ。欠点があるとすれば、家族などグループで視れないこと。

聴くこと

iTunesをiPhoneや自宅のステレオ装置で聴くことにくらべると、Amazon Music Storeはどう見ても負け。スピーカーが外付けなのも、使いづらい。映画や本などのコンテンツの付随音なら、我慢できるが。

Webを閲覧すること

Silkブラウザは確かに速いし機能豊富だが、実際には速さもiPadと大差がない。いろいろ試したが、ページのロード時間で差が感じられるケースは皆無だった。iPadに比べると、画面が小さくて見づらい場合もあるが、タブを使えるのはグッド。

遊ぶこと

アプリの数は、iPadの20万にくらべてわずかに数千。しかしゲームは、人気作品をほとんど揃えている。アプリストアは、公式サイトであるAndroid Marketに比べて相当に使いやすい(iTunesなみだ)。Fireは将来、Androidアプリの最大のディストリビュータになるかもしれない。

結論

デジタルメディアを消費するための機器としては、性能優秀でしかも格安。サイズも適正。これが、飛ぶように売れている唯一最大の原因だ。携帯をゼロ円で売る売り方に似ているが、ライブラリの充実を図っているAmazonは、どのお客からも、十分に元+αを取るだろう。

下のビデオは、本誌のFly or Dieシリーズより。ぼくとJohn Biggsが、Kindle Fireで遊んでいる。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“Kindle Fireはどこが良くって飛ぶように売れているのか?” への11件のフィードバック

  1. kindle fireいいね!
    音楽には弱いみたいだけど、本読むのと映像みるのにはかなり使いやすそう。
    そして安いw

  2. Ar より:

    安いってのがいいね

  3. Ar より:

    安いってのがいいね

  4. 束野仁政 より:

    Androidのタブと、Kindle Fireを比べた人の話を聞いてみたい。PCやAndroidやiPadでKindleアプリを使うのと、何が違うのか?(さすがにPCは違うか)

  5. 束野仁政 より:

    Androidのタブと、Kindle Fireを比べた人の話を聞いてみたい。PCやAndroidやiPadでKindleアプリを使うのと、何が違うのか?(さすがにPCは違うか)

  6. 匿名 より:

    先週、某白金の出版社でFireに触ってみましたが、やっぱりメディア消費デバイスとして実によくできてると感心。Amazonの膨大なKindleコンテンツが利用できて199ドルなら売れないわけがない。スペック比較などまったく無意味。しかしハード的にも快適です。個人的好みですが、私もエリック同様eインクのもっさり感が嫌いで液晶の明るいカラー画面が好きです。日本でいくらになるのか、いつ発売されるのかわかりませんが、出たら買う!

  7. 菅原匡史 より:

    Kindle Fireほしいかも。

  8. JInichi より:

    Kindle Fireを注文して、来週には到着予定。
    楽しみです。ミステリーを読むのが趣味だから、もっぱら読書専門になると思う。
    ipadも持っているけど、ちょっと重くて、寝転んでの読書はちょっときつい。

  9. Peter Dogman より:

    使って見ましたが、一番いいのは、PDFファイルや映画ファイルをUSBで接続してドラッグドロップで簡単に移動できることと、Flash動画が見れること。 Ituneに映画ファイルを移動するのがどれだけやっかいか。

  10. 山田豊 より:

    iPadを低価格にしてもAmazonのKindle Fireが有利な理由−【私の論評】日本のメーカーはiPadとKindle Fireの本質を理解せよ!!
    http://goo.gl/AhgGX
    こんにちは。iPadを低価格にしても、AmazonのKindle Fireの優位性は少しもそこなわれることはありません。また、Kindle Fireが売れたからと行って、iPadの優位性が失われることはありません。これは、従来の枠組みで考えていては理解できないことです。既存のeコマースでは、既存のパソコンと既存のブラウザにより提供しており、これは、ユーザーからみれば、どのeコマースもパソコンという窓口から垣間見るいくつもあるサービスのうちの一つということになり、差別化が困難でした。これらのタブレットの本質は、両者が行うeコマースの独自の窓口ということです。さらに、最近は、O2O(オンライン・ツー・オフライン)が実用化され、スマホの普及などもあいまって、既存の物理的店舗をもつチェーンが、物理的店舗とO2Oとeコマースを統合し、新たな業態を構築したとき、これは、既存のeコマースにとって、かなりの脅威になります。これに対処するという意味もあったと考えられます。日本のメーカーは、Appleや、Amazonが、なぜ独自のタブレットを開発したのか、その真の意味をわかっていないようです。これを理解せずに、単に映りが良いとか、デザインが良いとか、高機能なテレビやタブレット端末、パソコンばかりの製造している限りにおいては、利益が少ない差別化のできていない素材産業のような存在になってしまうと思うのは私だけでしょうか?

  11. May より:

    Amazon.comの映画やドラマ配信サービスが日本で使えるようになったらいいのに…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在396人フォロワーがいます。