Kindle Fireはどこが良くって飛ぶように売れているのか?

次の記事

ついに「物」がインターネットアカウントを持ってコミュニケーションする–Twineはその前兆

【抄訳】
Kindle fire

2週間前にKindle Fireが発売されたときの、評価はまちまちだった。Uncle Waltは、グッドだけどグレートではない、と言った。The New York TimesのDavid Pogueは、”とろい”と酷評し、”洗練とスピード”に欠ける、と言った。しかしKindle Fireは今でも飛ぶように売れている。iPadと比較して低評価する人たちもいるが、しかしそれは間違った見方だ。Fireは傑出したメディアタブレット(メディア消費専用機)であり、いくつかのことを、とても上手にやる。それを、これから説明しよう。

Kindle Fireは、この2週間使っている(子どもや妻が別の部屋へ持ち逃げしていないときだが)。だから、最初のテストには合格だ: 家族がそれをめぐって争う。Fireは、子どもにも合格、そしてママのお墨付きだ。子どもたちは、Fruit Ninjaに初めて夢中になっている。iPadが好きな2歳の子でさえ、Kindle Fireに目を付け、ママが部屋からいなくなる(自分がFireにさわれる)ための口実を、あれこれ考えている。でもその口実も、なかなか成功しない。妻は、Joan Didionの最新作をFireで読んでいるからだ。夜、みんなが寝静まったら、ぼくはベッドサイドテーブルからこっそり盗んできて、Arrested Developmentの昔の放送を見ている。

Kindle Fireは、本や映画やテレビ番組、音楽、雑誌、アプリなどのデジタルメディアを見つけて消費することを目的に、作られた製品だ。だからiPadのように多機能ではないが、しかしそれでも、絞り込むことに十分な価値のある分野だ。それらの機能を、一つ一つ見ていこう:

読むこと

iPadとではなく、ほかのKindleと比べるべき。画面の反応は素早いし、E inkのちらつきもない。単純に本を読むだけでも、従来のKindleよりはKindle Fireが良い。またサイズが適切なので、eリーダーとしての使いやすさは、iPadに優る。

視ること

画面は小さいが画像はシャープで、ビデオビューワとしては優秀。それに、AmazonのInstant VideoはHuluやNetflixなどよりもお得だ。欠点があるとすれば、家族などグループで視れないこと。

聴くこと

iTunesをiPhoneや自宅のステレオ装置で聴くことにくらべると、Amazon Music Storeはどう見ても負け。スピーカーが外付けなのも、使いづらい。映画や本などのコンテンツの付随音なら、我慢できるが。

Webを閲覧すること

Silkブラウザは確かに速いし機能豊富だが、実際には速さもiPadと大差がない。いろいろ試したが、ページのロード時間で差が感じられるケースは皆無だった。iPadに比べると、画面が小さくて見づらい場合もあるが、タブを使えるのはグッド。

遊ぶこと

アプリの数は、iPadの20万にくらべてわずかに数千。しかしゲームは、人気作品をほとんど揃えている。アプリストアは、公式サイトであるAndroid Marketに比べて相当に使いやすい(iTunesなみだ)。Fireは将来、Androidアプリの最大のディストリビュータになるかもしれない。

結論

デジタルメディアを消費するための機器としては、性能優秀でしかも格安。サイズも適正。これが、飛ぶように売れている唯一最大の原因だ。携帯をゼロ円で売る売り方に似ているが、ライブラリの充実を図っているAmazonは、どのお客からも、十分に元+αを取るだろう。

下のビデオは、本誌のFly or Dieシリーズより。ぼくとJohn Biggsが、Kindle Fireで遊んでいる。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))