(Forrester調べ)消費者はWindows版タブレットへの関心を急速に失っている―ただし依然Androidをリード

次の記事

Cisco、Google Ventures、VMwareが850万ドルをデータセンター・オートメーションのPuppet Labsに投資 

win8samsung-004-13

ことタブレットに関する限り、Microsoftはもうバスに乗り遅れたのかもしれない。すくなくとも火曜日に発表されたForrestの調査レポートを読む限りではそうだ。

今年の始めには、消費者のほぼ半数がWindowsのタブレット・デバイスに関心を持っていた。しかし多数のタブレットが市場に投入された現在では、その関心は急速に薄れつつある。以前はタブレットデバイスはノートパソコンを代替するものとして期待されていたが、現在はエンタテインメント用デバイスだというように認識が変わってきている。最近のKindleFireやNook Tabletの発売はさらに低価格製品だという認識を付け加えた。

Microsoftのタブレットのリリースが近づいている。これは間違いない。Microsoftは今年、Samsung製の魅力的なデバイスをBUILDカンファレンスでデモした。しかしタブレットに対応した次世代Windowsプラットフォームのローンチは来年後半だ。Forresterも指摘するとおり、現在タブレット市場をリードしているメーカーはWindows 8が出荷される頃には第3世代の製品を投入しているだろう。こうした変化にともなってWindowsタブレットへの関心は急速に薄れつつある。

上の表の数字はある意味ショッキングだが、納得できるものだ。タブレットの購入を考えている消費者の場合、2011年の第1四半期には、46%がWindowsタブレットを欲しがっていた。しかし第3四半期にはその数はわずか25%に減っている。同時期にAndroidタブレットへの関心は9%から18%へと相当に高まった。ただしAndroidデバイスがこれほど他機種発売されているにもかかわらず、関心度では以前Windowsにリードを許している。iOSとiPadはもっとも大きな伸びを示した。2011年第3四半期には28%がiOSデバイスに関心を示している(第1四半期には16%)。

しかしForrestのレポートには明るいニュースも含まれている。多数のOEMメーカーがWindows 8の採用に動いている。SamsungとDellはすでにWindows8のサポートを明らかにしている。Forrestでは、ほとんどのOEMメーカーが結局はWindows 8をサポートするだろうと予想している。Androidのタブレットが十分な収益を上げられる製品に成熟するまでには時間がかかりそうだ―価格が高すぎる、マーケティングが下手、機種の互換性が低いなどがその理由だ。それにひきかえ、メーカーはどのみちノートパソコンやデスクトップパソコンでWindows 8をサポートすることになる。 メーカーはすでにデスクトップやノートでのWindows 8サポートに取り組んでいる。だからWindows 8タブレットを開発するのは賢い戦略になる。

しかしWindows 8を普及させる上でMicrosoftにも今後克服しなければならない課題がいくつかある。Forrestが指摘するのは、Windowsは生産性ツール、ゲーム・デバイスとして独自のタッチおよび音声コントロールの確立やXBoxプラットフォームとのとの連携だ。ForresterはさらにWindows 8タブレットの最適価格を308としている(しかしこれはKindle Fireが199ドルで売り出される以前の話だ)。さらに新旧あらゆるチャンネルを使った消費者へのマーケティング努力も必要になろう。

良い製品なら出すのに遅すぎるということはないとはいうものの、Microsoftは潜在的な市場シェアを急速に失っている。1年前、まだタブレットが市場に存在しない時点ではWindowsは「消費者が欲しいと思うタブレット」の半数を占めていた。しかし今ではAndroidとiOSデバイスが急速にMicrosoftが投入するであろうタブレットへの関心を薄れさせている。このような急落が続くようなら、Windows 8はローンチ後も失地を回復するために厳しい戦いを強いられることになるかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+