ゴールドマン・サックスが、最有力IPO候補と考えるスタートアップ一覧

次の記事

頓智ドットの井口CEO、300万ダウンロード、拡張現実、新アプリを語る

極く極く秘かに(Googleにも足跡が殆どない)、投資銀行・証券会社のGoldman Sachs「非上場インターネット企業」カンファレンスを今週ラスベガスで行った。2日間のカンファレンスは11月29~30日に開催され、数多の企業が銀行家、投資家、同業者たちからなる聴衆に向けて、騒々しくそのビジネスモデルについてプレゼンテーションを行った。

参加者は、A16ZMarc AndreessenSquareKeith Rabois(火曜夜のキーノート講演)のスピーチに聞き入った。SV AngelRon Conwayも一個人として参加していた。全体を通じて非常に面白い体験だったと聞いている。当然だろう。

ではなぜ、IPO引受人が初期段階企業のためのカンファレンスを主催するのか。このイベントは、基本的に極端に先見的なリード獲得として機能している。私が話した複数の参加者によると、Goldmanが潜在IPO候補として考えているスタートアップが30社程度あるという。そして、実際その中からIPOを実現する会社が出てきて、その過程でGoldmanのサービスを必要とすることになった場合に備えて、できるだけ早く関係を作っておきたいのだ。

というわけで、白熱のスタートアップたちは一体誰なのか。以下に紹介する(1社か2社逃がしているかもしれないので、もしリストを見て誰か入れるべきところがあれば、私にメールしてくれれば、確認のうえ追加する。

アルファベット順:

  • Airbnb
  • Beachmint
  • Beauchamp
  • Birchbox
  • Bluekai
  • Badoo
  • BOKU
  • Box.net
  • BranchOut
  • Cloudflare
  • Coupons.com
  • DropBox
  • Eventbrite
  • Gogobot
  • Hipmunk
  • Instagram
  • Jawbone
  • Klout
  • Narrative Science
  • Ness computing
  • Pinterest
  • One Kings Lane
  • Peixe Urbano
  • Polyvore
  • Quantcast
  • Quora
  • Rent The Runway
  • Rue la la
  • Rovio
  • Shopkick
  • Specific Media
  • Survey Monkey
  • Square
  • TrialPay
  • Trunk Club
  • Tumblr
  • Uber
  • Warby Parker
  • WePay
  • Xoom
  • ZocDoc
  • Zoosk

それぞれのスタートアップは60~80人の聴衆に向けて30分間発表したが、Gogobotなど4社ほどの小さなところは500人全員に対して15分間発表した。Goldmanはよくこれだけのリストを作ったものだが、私としてはSpotifyもここに加えたい。

ただし、それは私だけ。

アップデート:全体スケジュールのスクリーンショットを下に貼った。噂によると、Dropboxが最も可能性の高いIPO候補であるというのが、会場のおしゃべりでの総意らしい。そして、火曜日のDropbox/IVPパーティーのリスト入りすることが非常に大きいらしい。

トップ画像提供:Greekshares

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)