Evernote、「Food」および「Hello」と名付けた2本のiPhoneアプリケーションをリリース

次の記事

Facebook 2011年の上位トレンド: オサマの死とリアーナの曲とlms(エルエムエス)

パリで開催されているLe Webカンファレンスにて、EvernoteがiPhoneおよびiPod touch用のアプリケーションをリリースした。まず最初のものFoodという名前のアプリケーションだ。お気に入りの食事や、食事体験を簡単に保存して、いつでも記憶を取り出せるようにするためのアプリケーションだ。

2番目のアプリケーションHelloと名付けられている。誰か人に会ったときに、相手の人の記憶を残すために使うためのものだ。会った時の状況や、そのときの感想などを記録しておくことができる。

Evernote Foodダウンロード用リンク

Foodアプリケーションの方は、食事や飲み物の記録をとっておくことのできるアプリケーションだ。独特な料理のレシピ集を記録したり、レストランのレビュー、その他、食事に関する各種データなどを記録しておくことができる。いつも食べている料理はもちろん、海外で食べて気に入ったものの記録もできる。食べたものを記録しておくダイエット記録ツールにも使えるだろう。記録した情報はもちろん、簡単に共有することもできるようになっている。

言ってしまえば写真、場所、言葉や写真による説明など、食事に関するあらゆる情報を記録してしまおうというアプリケーションだ。ここで入力した食事関連の全情報は自動的にEvernoteに保存される。使い慣れたEvernoteで、後で簡単に情報を呼び出すこともできる。詳細については、こちらのブログ記事も参考にして欲しい。

Evernote Helloダウンロード用リンク

こちらのHelloというアプリケーションの方が、少々ソフィスティケートされたアプリケーションだと言えるかもしれない。基本的には、人との出会いについての記録を残すためのものだ。最初に会った時の状況や印象などを残しておいて、その後に利用するためのもの。詳細についてはこちらのブログ記事に掲載されている。

宣伝文句から少々引いておこう。

Evernote Helloは初対面時の挨拶習慣をモダンなスタイルに変革します。本アプリケーションをインストールしている場合、人と人とが出会えばまず自分のスマートフォンをそれぞれ相手に渡します。そこで互いに基本プロフィール情報を登録して持ち主に戻すのです。登録してくれた人の情報は顔写真として一覧表示され、これはスワイプして次々に別の人を表示させることができます。

表示される顔写真の上でタップすれば、プロフィール情報が表示されます。そこにはこれまでに会った際の情報や、他に誰がいたのか、どこで会ったのかなどという関連情報がEvernoteのノートや写真から引き出されて表示されるようになっています。

なかなかクールなアプリケーションなのではなかろうか。相互に電話をかけてその番号を登録して、などという代わりにこのHelloアプリケーションを利用するようになるのかもしれない。

尚、こちらもFoodアプリケーション同様に登録情報はすべて自動的にEvernoteに保存される。

紹介したふたつのアプリケーションはいずれもApp Storeから無料でダウンロードすることができる。

尚、Evernoteのサービスに興味があれば、「Evernoteのエクステンション、Clearlyは広告やサイドバーを一掃して記事内容だけを表示してくれるすぐれもの」の記事も面白くお読み頂けるかもしれない。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中