Evernote:有料利用者数は750000人で、対利用者年間売上は1800万ドル

次の記事

会長Eric Schmidt曰く: Googleは一週間に一社買収している

Screen Shot 2011-12-08 at 11.38.46 AMEvernote CEOのPhil Libinは大忙しだ。Inc MagazineCompany of the yearとなり、フランスのテレコム企業であるOrangeと提携した。そしてHelloとFoodというアプリケーションもリリースして、そしてLe Webのステージにやってきた。ステージ上では、Evernoteサービスに関連する数値データを次々に明かしてくれた。Libinによればサービス提供開始から3年半で、登録利用者数が2000万に達したとのことだ。1ヵ月単位でみるとアクティブユーザは800万となっているのだそうだ。

一度使った利用者はEvernoteを使い続けるケースが多いのです、とLibinは主張している。使わなくなっても42%の人が結局戻ってくるのだそうだ。「離れ改めて便利さに気づくということもあるのでしょう」とLibinは言っている。Libinによれば2000万ユーザのうち750000利用者がプレミアムユーザなのだそうだ。月間5ドルないし年間45ドルを支払う会員のことだ。講演後に教えてくれたところによれば、こうしたプレミアム会員への売り上げが年間で1800万ドルになるのだそうだ。会社の方も6ヵ月前に積極的な雇用戦略を開始する前には十分な利益をあげていたとのことだ。

これまでにEvernoteプラットフォーム上では9,000件ものアプリケーションが作成されている。Evernoteの運営チームも40名から120名に、この1年で3倍の人員を抱えるまでになっている。Libinによれば3倍に増えたスタッフの、さらに3倍を目指しているのだそうだ。LibinはEvernoteの成功を「集中」によるものだとしている。「私たちが提供しているのはソーシャルなサービスではありません。またバイラルで成長するようなサービスでもないと思います。私たちは、自分たちにとって便利なものを作ることに集中してきました。そしてそれをオープンでトランスペアレントなものにしようという努力を続けてきたのです」。

LibinがLeWebで使ったスライドはこちらで見てみることができる。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)