Andorid向け日本語入力のSimejiをバイドゥが買収

次の記事

クラウド向けアプリケーションのテスト環境を提供するSOASTAが1200万ドルを追加調達

Androidの日本語入力といえばSimejiというぐらい、SimejiはAndroidの草創期から日本語入力のためのアプリケーションとして人気を博している。このSimejiを中国検索大手のバイドゥ(百度)が買収したことを発表した。バイドゥは2008年に日本に参入以来、日本向けに検索サービスを提供してきた。これ以外に、独自に開発したPC向けの日本語入力システムBaidu IMEを投入している。発表によれば、Baidu IMEは180万人が利用しているという。

一方、Simejiはダウンロード数は数百万程度だと見られる(Andoridマーケット上では100万から500万ダウンロードのレンジにある)。Android 1.6以上で動作し、マッシュルームというプラグインシステムやスキンなど外部開発者がアドオンで開発できるような仕組みを持っている。

バイドゥはBaidu IMEとSimejiとの一元化を進めていくという。

なお、買収額は明らかにされていないが、ある関係者によれば数億円程度だと見られている。Simejiを開発しているのは、adamrockerで知られる元サイバーエージェントアメリカのエンジニアの足立昌彦氏とウェブデザイナーの矢野りん氏のプロジェクトで、法人ではない。そういう意味では、この買収はAndroidアプリの個人開発者にとっては大きな成功ともいえるのかもしれない。

足立氏と矢野氏の両氏はバイドゥに入社し、引き続きSimejiの企画・開発業務を担当する。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中