texting
teen data usage
nielsen

米国ティーンエージャーのデータ利用量、3倍増

次の記事

ついに! Microsoft、来年からIEを自動アップデートすると発表

今日(米国時間12/15)Nielsenが発表したレポートによると、米国ティーンエージャーは、そのモバイルデータ消費を3倍に伸ばすと共に、モバイルメッセージングに最もハマっているセグメントの座を維持した。

同レポートによると、「2011年第3四半期に、13~17歳のティーンエージャーは月間平均320MBのデータを携帯電話で利用した。これは前年比256%増であり、他のどの年代よりも高い成長率である」。

この膨大なデータ量もすごいが、ティーンのモバイル利用の中心はやはりテキストメッセージで、ティーン1人当たりのSMS/MMSメッセージ数は月間3417通だった。もう一度書く・・・1人当たり月間3417通 ― 起きている1時間につき7通、と調査結果は言っている。うーむ、なんと。

世のマーケターたちは間違いなく、このセグメントの溢れるマーケテイングチャンスに目を向けていることだろう。いや、向けるべきだ。このチャンネルが、電話よりテキストの方が速いと考える世代にリーチするための、確実で重要な方法であることに疑いはない。

[via Nielsen Wire]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)