Healthbox
スタートアップ

シカゴの保健医療スタートアップインキュベータHealthboxが最初の育成企業10社をお披露目

次の記事

忘れ去られつつある“Google+”?–検索量の推移はそんな感じだが

healthbox-logo

保健医療は、スタートアップにとってこれからの大きな商機だろうか? 多くの人がそう思い始めているのは、なんといっても保健医療は市場規模が大きいからだ(合衆国では2兆ドル)。たしかにこのところ、保健医療の業界はテクノロジを徐々に取り入れつつあり、それとともに、レガシーシステムの破壊と新しい手法による企業の参入が進み、起業家たちは保健医療のさまざまな分野に、自己の機会を見いだそうとしている。そのような保健医療をターゲットとするスタートアップにとっては、保健医療に特化したスタートアップ育成サービスがあれば、うってつけだろう。ここでは、そんなサービスの例を見よう。

上に記事をリンクしたRock Healthは、保健医療専門のスタートアップ育成サービス(インキュベータ)として好調なスタートを切り、先週は二度目の‘卒業生’を送り出した。そして今度は、シカゴのSandbox Industriesが、保健医療スタートアップを専門的に育成するHealthboxをロンチした。

Healthboxは同社の初めての、3か月にわたる育成事業を、2012年1月9日に開始する。育成対象は、200の応募企業から選ばれた10社で、それぞれに5万ドルの株式投資が行われる(Hbの保有株は7%)。育成場所はシカゴにあるHbの本社で、そこで先輩の起業家たちや投資家、保険医療分野のエキスパートらから指導を受け、オフィススペース(+作業場)を与えられ、またオンラインのフォーラムを通じてもエキスパートからの指導を受ける。指導の内容は、パートナーシップの作り方、製品開発の進め方、などなどだ。

Y CombinatorやTechStarsなど、先輩インキュベータと同様に、育成事業のクライマックスは、投資家たちを集めて行われる卒業デモ大会”Investor Day”だ。そこでスタートアップたちは、保健医療分野の投資家たちに自己の製品を売り込む。

Healthboxはすでに、保健医療分野の投資家たちとして、BlueCross Blue ShieldやVCのCalifornia HealthCare Foundation、HLM Venture Partners、それにWalgreensのような企業と提携している。

それでは、前置きはこれぐらいにして、Healthboxの立ち上げを飾る10社のスタートアップを、簡単に紹介しよう:

PUSH Wellness (シカゴ) は、企業などに対して、健康増進プログラムによる社員の健康の向上を進めさせ、企業の生産性を高めるとともに、保険料支払いなど保健医療費用の低減を目指す。

PaJR-Patient Journey Record (ダブリン)は、クラウド上の機械学習システムにより、本人情報や周辺情報から、再発〜再入院の危険性の高い患者を同定する。

SwipeSense (エヴァンストン) は、ポータブルな手洗い装置とリアルタイムの検査により、コンプライアンスを増進し院内感染の減少を図る。

CareWire (ミネアポリス) は、自動化されたテキストメッセージングにより、医療機関と患者のコミュニケーションを充実し、有料かつ短時間の診療時間内における患者満足度の濃密化と、医師側のパフォーマンス向上を図る。

The Coupon Doc (アトランタ)は、処方薬と一般薬のディスカウント情報を消費者に提供する。

Corengi (シアトル)は、現在行われている臨床試験に、それにふさわしい適格な患者を結びつける。患者は自己に最適の研究を見つけられ、治験のスポンサーは遅延による費用増大を防ぎ、そして医学の進歩が促進される。

Iconic Data (ジョージア)は、クラウド上の患者リスト管理サービスで、これにより医師は、多様な施設等に分散している患者たちの診療内容をほぼリアルタイムで把握でき、適正な請求と非効率の解消を図れる。

UnitedPreference (プリンストン)は、企業の経営者にTailored Spend™の支払いネットワークを提供し、同ブランドのプリペイドカードにより目的に合った健康器具等の購入を促し、予防医学に重点を置く社内/社員健康増進計画の実施を導く。

DermLink (アサートン)は、クラウドからHIPAA準拠のアプリケーションを提供することにより、皮膚科の遠隔診断を行えるようにする。それにより、患者の待ち時間を大幅に縮小するとともに、医師病院側の収入増と柔軟性を担保する。

CareHubs (オレゴン)は、病院や医師と患者とのあいだのソーシャルなコミュニケーションプラットホームを提供し、コミュニケーションやエンゲージメントの充実により、両者の関係改善を促進する。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“シカゴの保健医療スタートアップインキュベータHealthboxが最初の育成企業10社をお披露目” への1件のコメント

  1. Gsudos より:

    健康医療関係問題に取り組みたいと思っている方は参考になると思われます。千葉ちゃん、中園さんみてる?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中