Evernoteの画像加工アプリSkitchがiPadに登場―iPhone版は準備中

次の記事

Atomico、シンプルなファイル共有サービスを提供するGe.ttに350,000ユーロを投資

skitch_main

Evernoteが8月に買収した人気の画像加工アプリのSkitchiPadにやってきた。すでにAndroid版アプリは公開ずみだが、今回初めてiOS版が提供されることになった。

このアプリを使うと写真、スクリーンショット、地図その他あらゆる画像にテキストや図形を乗せることができるだけでなく、ユーザー自身で白地のキャンバスに簡単に絵を描くこともできる。

作業が終われば、その結果を1クリックでEvernoteに保存できるのはもちろんだ。

まずベースの画像(写真、スクリーンショットなど)を選定する。多数のツールが内蔵されているのでさまざまな加工が可能だ。iPadの広いタッチスクリーンではことに作業がやりやすい。画面に描き込んだオブジェクトを指であちこち動かしたり、ゴミ箱に捨てたりできる。ペンツールでフリーハンドで線を引ける。テキストを書き込むことも可能だ。矢印、線、丸、四角などの図形を描いて自由に配列することができる。

もちろんこうした機能を備えたアプリは他にも多数あるが、Skitchの操作感は抜群にいい。使うのが楽しくなる。

Evernoteとの連携機能に加えて、ツイートもできる。もうひとつとてもクールな機能は、Apple TVに接続したテレビ画面にAirPlayを使って画像を表示できることだ。いってみれば強力ツールつきの無料DIYPowerpointだ。家族で大いに楽しめそうだ。

しかし多くの読者の胸には一つの疑問が生じているだろう。「iPHone版はどうした?」

Evernoteでは「準備中」だと言っている。しかしそれを8月からずっと言い続けている。Evernoteのブログ記事によると、iPad版を先に公開したのは画面が大きくいろいろ描き込むのに最適なサイズだからだということだ。しかし4ヶ月前に最初に公開されたAndroidの画面はそんなに大きくなかったはずだが。

iOS版のSkitchはこちら

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中