噂:Apple、新型iPadを来月発表か。レティナディスプレイ付き(アップデート有)

次の記事

ベストセラーライターKurt Andersenインタビュー: この20年, 文化の変化がなかったのはなぜか

Appleに関する噂は途絶えることを知らない。たとえホリデーシーズンでも。

この数ヵ月の間に、iPadに関する非常に具体的な主張を2つ聞いた ― いずれもDigitimes発。7.85インチの小型タブレットと2012年初めという発売日についてだ。Devinが詳しく解説した通り、Appleから小さなiPadが出てくるという発想はいささか信じ難い。それはiPadが理想のサイズだと言うAppleの言葉を翻すことになる。

今日(米国時間12/29)Digitimesが、新たな噂によって以前の噂を覆した。7.85インチiPadではなく、Appleはレティナ型ディスプレイiPadを2機種投入してミドル・ハイエンド市場に進出し、現行iPad 2でKindle Fireに対抗するというものだ。

Apple製品の価格は概してライバルより少々高めだが、これもその一環と考えられる。iPodを見てほしい。ClassicからTouch、Nano、Shuffleにいたるまで、それぞれが全く なる製品だが、全体として非常に多様な値頃価格をカバーしている。

Degitimesの情報源によると、新モデルはAppleの9.7インチという画面サイズを守りつつ、解像度はQXGA(1536×2048)でデュアルLED照明付きだという。もしその情報筋を信じるならパネルの供給はシャープが担当し、LG DisplayとSamsung Electronicsが一部協力する。

記事によるとSamsungが引き続きチップを供給、具体的には4コアのA6で、CMOSセンサーもSamsungが提供する。Samsungはミッドレンジモデル用の5メガピクセルセンサーを提供し、Sonyがハイエンド用の8メガピクセルを提供するらしい。

Degitimesは新iPadのバッテリーに関する情報も入手しており、Simplo TechnologyとDynapack Internationl Technologyが共にバッテリーの注文を受けており、容量は最大14,000 mAhだという。これでも飽き足りないDegitimesは、新モデルは2012年1月26日のiWorldで発表されることがわかっているとまで主張している。

実際これは膨大な情報であり、私はこの全部が当たっているとは思っていない(Degitimesは過去に誤っていたことがある・・・が正しかったこともある)。それでも私は、Appleから高解像度で高級カメラの付いたiPadが出つくる方が、今後の競合だけを考えても小型タブレットよりずっと理にかなっていると思う。Kindle Fireは飛ぶように売れており、Appleは競合するタブレットのたとえ1機種にも市場シェアを奪われたくない。しかしAppleがコピーで反撃したことはない。

最大の脅威は価格下落であり、最近iPhone 4に起きていることを見れば、現行のiPad 2が今の値札より数百ドル下がっても驚かない。

200ドルのFireと競うためには、それは必然だ。

アップデート: LoopInsightのJim Dalrympleは間違いなくApple情報に関する特に信頼できる情報源だが、彼の情報筋はAppleが次のMacWorldやCESで新iPad(2機種かも)を発表することは〈ない〉と信じているという。サプライチェーンやその情報に関しては・・・未だ議論のあるところだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“噂:Apple、新型iPadを来月発表か。レティナディスプレイ付き(アップデート有)” への3件のフィードバック

  1. いけも より:

    はっきり言うと、DigiTimesの情報は信用に値しない。仮に当たっていてもそれはたまたま。MGが抜けてAppleに詳しい人がいなくなったのか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中