12月統計でも伸びを示したTumblr、Pinterest。「ソーシャルインタレスト」はさらに拡大の見込み

次の記事

アルティメットのコンサルタント、Amy Jo Martinが2012年のソーシャル・メディアのトレンドを占う

Screen Shot 2012-01-13 at 9.28.15 AMcomScore2011年におけるソーシャルネットワークレポートで目を引いたのは、利用者の「興味」をターゲットにしたサービスが広がってきたことだっただろう。リアルライフにおける人間関係とは別の、新たな関係性ネットワークが生じてきている傾向が見られた。そしてソーシャルネットワークレポートに続いて、12月の統計情報も明らかにされたが、これによりさらに傾向が明らかになったと言えるだろう。TwitterやGoogle+Pも好成績を示してはいるが、ここでその両者を論じようとは思っていない

とくに注目に値するのは、TumblrPinterestの動向にあると思うのだ。

たとえばTumblrについては、新たに300万近くのユニークビジターを集めた。1ヵ月で1590万から1880万へと、18%の伸びを示しているのだ。一方でオンラインピンボードサービスを提供しているPinterestにつても485万から751万へと、55%の伸びを示している。

comScoreの示すこうした数値から明らかになるのは次のようなことだ。すなわち、利用者は、共通の興味をもつ人と情報を共有するための新しい方法を探しているということだ。Facebookで、限られた範囲の人に子供の写真などを見せるということも、むろん盛んに行われている。しかしFacebook以外が提供している新しくてシンプルなツールにも非常に人気が集まっている様子だ。

そういえばMyspaceも情報共有のためのさまざまな手法を用意していた。但し見栄えも悪く、まるでスパムのように見えるインタフェースで実装されていた。最近になって他のライバルに追随するようなデザイン変更を行なったが、いかなる理由によるものか、利用者の減少を止めることができずにいる。新たな形で情報共有を実現するライバルが流行の兆しを見せていることは、Myspaceにとって傷口に刷り込まれる塩のようでもあるし、あるいはもしかすると微かな希望ということになるのかもしれない。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

“12月統計でも伸びを示したTumblr、Pinterest。「ソーシャルインタレスト」はさらに拡大の見込み” への1件のコメント

  1. Keizo より:

    非常に興味深い記事です
    MySpaceの事例は、一度このようなサービスでネガティブな印象をもたれると巻き返しが非常に困難であるとの事でしょうか? (一般論でもありますが顕著に表れるのでしょう)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在379人フォロワーがいます。