Googleもアメリカのインターネット検閲法案SOPAにトップページで抗議へ

次の記事

ジェリー・ヤン、Yahoo取締役を辞任

antisopa

明日、Google’s USのトップページにはSOPA(Stop Online Piracy Act)法案およびPIPA(Protect IP)法案への反対が掲載される。このニュースはCNETによって報じられ、GoogleがTechCrunchに送ってきたメールによって確認された。

多くの企業、起業家、ウェブユーザーと同様、われわれもこれらの法案に反対しています。著作権を侵害している外国の違法サイトの活動のみを効果的に封じ込める他の技術的方法が存在するのに、アメリカ企業にインターネットの検閲の義務を負わせる必要はまったくありません。明日、われわれは多くのテクノロジー企業と共にこの問題への一般ユーザーの関心を高めるべく、アメリカ版のトップページで意志表示する予定です。

SOPA/PIPA法案は海賊行為を防止するという建前のもとにウェブ企業、ウェブサービスに甚大な損害を与える可能性があるとして強い批判を呼び起こしている。Googleはこれまでもはっきりと反対を表明している。しかし検索トップページへのリンク掲載は、テクノロジー政策に関する認識が薄い一般ユーザーの注意を喚起するのに大いに役立つだろう。

Googleによれば、トップページにリンクが掲載されるものの、ロゴはそのままだという。24時間サービスを停止するWikipediaやRedditその他の抗議ほど劇的ではなさそうだが、Googleのトップページの影響力は大きい。

テクノロジー業界はどのようにしてSOPA/PIPA法案に反対するか悩んできた。CloudFlareはウェブサイトが一部のコンテンツを黒塗りにして抗議の意思表示ができるおもしろいアプリを開発した。これならサービス完全に停止させずにすむわけだ。TwitterもWikipediaにならってサービスを停止する考えがはないかと質問されたCEOのDickCostoloは「グローバルなビジネスがアメリカ固有の問題でサービスを停止するのはナンセンス」とツイートした。しかしその後、Costoloは「Twitterは別の方法で反対の意志表示をする。注目して欲しい」と 付け加えた

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+