Googleの2011年の買収は79件$2B–このハイペースが今後も続くと予想

次の記事

外国語を学びたい人をビデオチャットでネイティブの人に結びつけるVerblingが$1Mを調達

google

昨日(米国時間1/26)Googleが同社の10-K(年次財務諸表)をSECに提出したが、その中には昨年の買収の件数と額も記されている。Q3の時点でGoogleは55の買収案件に$1.4B(14億ドル)あまりを投じていたが、2011年全年では買収77件、その価額$1.9B(19億ドル)となる(キャッシュと株合わせて)。

大型の買収としては、キャッシュ$676M(6億7600万ドル)を投じたITA Softwareがある。ご存じのようにGoogleはMotorolaに$12.5B(125億ドル)を投じているが、これは2011年の計算には含まれず、買収が承認されなかったときには$2.5B(25億ドル)の破約金を払うことになる。いずれにせよこの取引の終結は、2012年の初頭と予想されている。

Googleが2011Q4に行った買収の中には、Clever SenseKatango、それにAptureなどがある。

これと対象的に2010年には、Googleは48件の買収に$1B(10億ドル)強を投じたにすぎない。しかし今後当分は、Googleが買収のペースをゆるめることはないだろう。提出書類の中でGoogleはこう言っている: 買収は今後も弊社の経営戦略ならびに資本使用の重要な部位であり続ける。したがって現在の買収のペースが続くものと予想される。

なお、同社の正社員数は2010年12月31日現在の24400から33%増加して、2011年12月31日現在では32467となった。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中