NECが今期$1.3Bの損失を予想, 全世界で1万名を解雇へ

次の記事

Apple、Google他5社による「引き抜き禁止」協定訴訟続行へ

Image (1) nec_logo_blue_large.jpg for post 218717

日本の強大なテク企業NECに悪いニュースだ: 同社は昨日(米国時間1/26)、2011年12月までの3か月の損失額が$1.13B(11億3000万ドル)と発表し、前年同期の損失は“わずかに”$350M(3億5000万ドル)だったという比較も述べている。NECによれば、同社は繰延税金資産の評価切り下げを行ったという。

その3か月において、売上は前年同期の$9.3B(93億ドル)から$8.7B(87億ドル)に減少した。NECは、全会計年度(〜2012/3月)における純損失を$1.3B(13億ドル)と予想している。この内、事業再編成によって生じた損失が$520M(5億2000万ドル)にのぼる。

これらの数字への対応として、NECは2013年の前半までに全世界で計1万名の人員削減を行う。

具体的には、日本の7千名の社員が職を失い、その他は海外におけるレイオフとなる。その1万名の内、5千はアウトソース先やパートタイムの従業員である(残る5千がNECの正社員)。同社は現在、全世界で11万6千名を雇用している(正社員、パートタイム、アウトソースの計)。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))