Cinemagram%E2%80%951%E6%9E%9A%E3%81%AE%E5%86%99%E7%9C%9F%E4%B8%AD%E3%81%ABGIF%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%82%92%E5%9F%8B%E3%82%81%E8%BE%BC%E3%82%80iPhone%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E7%99%BB%E5%A0%B4

Cinemagram―1枚の写真中にGIFアニメを埋め込むiPhoneアプリ登場

cinemagram

昨年夏にローンチされたGLMPSという画像と動画をブレンドして共有するアプリを覚えているだろうか? 覚えていないかもしれない。それはともかく、今日、モバイル写真の活用方法に新しいアイディアが登場した。今回のアプリは静止画をその場でGIFアニメ化してくれるというもの。この新アプリ、Cinemagramを利用するとiPhoneの写真をものの数秒で動画化することができる。

ただしCinemagramの手法はGLMPSとは全く異なる。GLMPSは静止画の隅にピクチャー・イン・ピクチャー式に小さな窓で動画を表示する。共同制作者でCEOのTemoojin Chalasaniによれば、これに対してCinemagramはたった1枚の写真を加工して微妙なアニメーメションを作り出すのだという。

このアプリをデザインしたのはカナダのモントリオールに本拠を置くFactyle, Inc.というスタートアップだ(この会社は個人向けにカスタマイズされたSmartrというソーシャル・ニュース・サービスのアプリをiOSとデスクトップに提供している)。Cinemagramは使って面白いアプリだ。特にソーシャルネットワークに投稿して人目を引くにはうってつけだ。残念ながらUIはまだちょっと荒削りで、正直に言えばInstagramによく似ている―Instagramのライト版とでもいおうか。CinemagramのデザイナーはInstagram UIの影響を振り払う方法を考えたほうがよいだろう (この点ではCheersもそうだ)。そういえば近頃のアプリは一斉にPinterest的になってきた。

アプリに話を戻すと、GLMPSがいっとき話題になっただけで線香花火に終わったのにこの種のアプリをもう一度ローンチする必要があるのかと疑問視する向きもあるだろう。

「われわれは去年、あるファッション写真でこうした技法を発見して惹きつけられました」とChalasaniは言う(去年? Update: ああ、これね)。「写真からその本質的なメッセージを取り出し、その背景となるストーリーを楽しく、かつ美しく表現するためにたいへん優れた手法だと気づきました」

調べてみると、写真家たちがこの効果を得るためにPhotoShopで何時間も費やしていることが分かってChalasaniたちショックを受けた。自分たちなら数秒で同じ効果を提供できるじゃないかと考えたのだという。

サンプルGIFをこちらのCinemagramのブログで見ることができる。

ただし、こうした機能のアプリは必ずしもCinemagram ($1.99)が最初ではない。Kinotopic(無料)は一時Appleのお勧めアプリに選ばれたことがある。

〔日本版:元記事を補足。このアプリはまず数秒の短い動画を撮り、アニメ化したい部分を指定するとその部分のみアニメ化されたGIFファイルが出来上がる、というもの。Instagram的なフィルター効果を与えることもできる。動画全体をGIFアニメ化せず、一見静止画のように見えて部分的にアニメ化された画像を作り出す。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

デラペニャ
サイヤ人は怒りや悲しみが極限に達するとスーパサイヤ人になるそうです。スーパサイヤ人になると外観にも変…
U-YA
Windows Phoneは使いやすいんだけどアプリが絶望的に少ない。
GeekThem
>>>>> surface pro 3 docking…
もるまかて
サンドペーパーにダイヤが入っていたら、傷はつくよな。